ナチュラルウォーター | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

ナチュラルウォーター

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ナチュラルウォーターとは

 

特定の水源の地下水を原水とするものをナチュラルウォーターと言います。
ナチュラル、つまり自然ということですね。

 

自然にある地下のお水を濾過とか沈殿、加熱殺菌の方法で処理し
販売されているお水です。

 

化学的な処理(オゾンや紫外線など)は施されていません。

 

ミネラル分がお水に溶解している量が基準値以下の少量なので
いわゆるミネラルウォーターという言い方はしません。

 

つまり自然のお水で、化学的な処理はされていない飲料水ということです。

 

品質ガイドラインではミネラルウォーター類として分類されています。
自然の水なので天然水と言えます。

 

 

市販で販売されている製品の多くが
ミネラルウォーターやナチュラルミネラルウォーターとして販売されている中で、
このナチュラルウォーターに商品価値はあるのか?と疑問も生じます。

 

実は薬を飲む時用のお水などで販売されていたりします。

 

薬を飲む場合、お茶などでは飲まない方がいいと言われますが、
それは飲み合わせ等の部分で、例えばお茶などに含まれる成分が薬の成分に
影響するためです。

 

副作用や強まったり、薬の作用を打ち消したり別な作用をもたらす懸念があるためです。
このような用途に用いられるためのお水として販売されていたりします。

 

もちろん普通に天然水として販売されているものでナチュラルウォーターはありますので
その分類上の区分は商品表示ラベル等と見て確認する必要があります。

 

 

これを知っているだけで、「自分は天然水でミネラルウォーターを飲んでいる」
思っていたのに実はそうではなくナチュラルウォーターだったという間違いは無くなります。

 

よく天然水としてものすごく安価な金額で販売されているものがありますが
もしかすると上記のような理由があるかもしれませんね。

 

 

 品質はナチュラルミネラルウォーター天然水がおすすめ、こちらで製品確認

 

 

天然水とRO水の違いの確認はTOPページへ

 

 

関連ページ

ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターとは、ある特定水源から採水された地下水で一番自然に近くミネラル分を多く含んだお水です。炭酸水(天然性の)も含まれます。選ぶべきはこの種類のお水を言えます。ミネラルウォーターと称していても市販の製品の中には天然水ではない事もあり、しっかりと見極けることが重要です。
ミネラルウォーター
ミネラルウォーターとは一般的に一番良く耳にし馴染みのある名称ですが、品質表示ガイドライン的な分類で言うと少し状況が違うようです。原水はナチュラルミネラルウォーターですがミネラルの調整やばっ気(空気を送り込む事)などの処理、複数原水のブレンドなどがなされたお水のことです。
ボトルドウォーター
ボトルドウォーターとは、他に分類されるナチュラルミネラルウオーター等以外のお水で、食品衛生法に基づいた水処理の限定がない飲み水としてペットボトルやガラス容器などに詰められたものを言います。処理される原水は地下水以外のRO水、蒸留水、河川の水、水道水等です。