ナチュラルミネラルウォーター | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

ナチュラルミネラルウォーター

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ナチュラルミネラルウォーターとは

 

市販されている多くのお水の中で、正真正銘天然水といえるのは
ナチュラルミネラルウォーターです。

 

一般的にはミネラルウォーターとか天然水といった表現が多く用いられますが
市販されているお水の表記に関して厳密に理解して購入されている方は
あまり多くなないでしょう。

 

例えばミネラルウォーターとして販売されていても単純に検査基準を
クリアしているだけの安価なお水も存在します。

 

 

品質の良いお水を選択し利用するためにはお水の種類を
理解しておいた方が良いですね。

 

これはウォーターサーバーに関しても言えることで、ミネラルウォーターと言っても、
天然水からRO水にミネラル分を添加したものまでが含まれますので、
お水の選択を失敗しないためにも解説をお読みください。

 

 

ナチュラルミネラルウォーターの内容

 

ミネラルウォーターについての品質ガイドラインを引用しますと


ア.特定の水源から採水された地下水を原水とし、
沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないものにあっては、
「ナチュラルウォーター」と記載すること。

 

イ.ナチュラルウォーターのうち鉱化された地下水(地表から浸透し、
地下を移動中又は地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水
(天然の二酸化炭素が溶解し、発泡性を有する地下水を含む)をいう。)を
原水としたものにあっては、「ナチュラルミネラルウォーター」と記載することができる。

 

ウ.ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的等のために
ミネラルの調整、ばっ気、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合等が
行われているものにあっては、「ミネラルウォーター」と記載すること。

 

エ.ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及び
ミネラルウォーター以外のものにあっては、「飲用水」又は「ボトルウォーター」と
記載すること。

 

 

このよう記載されています。
ちょっと堅苦しい表現ですね。

 

つまりこの中でナチュラルミネラルウォーターに関してお伝えすると、
「イ」の項目になります。

 

簡単に言うと、特定の水源から採水される地下水を原水として
地中の浸透したり、または地下に移動中のお水にミネラル分等が
溶けた地下水のことをナチュラルミネラルウォーターと言います。

 

単純に特定の水源から採水された地下水を元にの各種の処理をしたものを
ナチュラルウォーターといい、そこにミネラル分が溶け出しているものを
ナチュラルミネラルウォーターとしてそれぞれ区別されます。

 

 

 ナチュラルミネラルウォーター天然水サーバーのオススメ比較

 

 

天然水とRO水の違いの確認はTOPページへ

 

 

関連ページ

ナチュラルウォーター
ナチュラルウォーターとは、特定の水源地下水を原水にして沈殿や濾過、加熱殺菌のみを処理方法としてその他の精製方法を用いないものを言います。端的にはナチュラルミネラルウォーターに対してミネラル分が少量のものがこれにあたり、このお水も天然水と言えますが含まれている成分に違いがあり注意が必要です。
ミネラルウォーター
ミネラルウォーターとは一般的に一番良く耳にし馴染みのある名称ですが、品質表示ガイドライン的な分類で言うと少し状況が違うようです。原水はナチュラルミネラルウォーターですがミネラルの調整やばっ気(空気を送り込む事)などの処理、複数原水のブレンドなどがなされたお水のことです。
ボトルドウォーター
ボトルドウォーターとは、他に分類されるナチュラルミネラルウオーター等以外のお水で、食品衛生法に基づいた水処理の限定がない飲み水としてペットボトルやガラス容器などに詰められたものを言います。処理される原水は地下水以外のRO水、蒸留水、河川の水、水道水等です。