ボトルドウォーター | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

ボトルドウォーター

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ボトルドウォーターとは

 

ボトルドウォーターとは厚労省の食品衛生法に基づく処理法の
限定がありません。

 

ナチュラルミネラルウオーター、ナチュラルウオーター、
ミネラルウオーターで使用するとその表記ができない
(許可されていない)処理方法を用いて処理されています。

 

つまり飲料水として利用する際、ナチュラルミネラルウオーター、ナチュラルウォーター、
そしてミネラルウオーターそれぞれに使用される原水や処理方法があり
またその内容によりそれぞれの表記内容が許されています。

 

ナチュラルミネラルウオーター等の表記をするためにはそれぞれに定められた原水や
処理方法を用いる必要があります。

 

 

しかしボトルドウォーターは原水や処理方法がナチュラルミネラルウオーターや
ナチュラルウォーター、ミネラルウオーター等と異なっていて、
ナチュラルミネラルウオーター等とは表記できないものとなっています。

 

(例えば飲料水として利用するための殺菌処理方法、原水などが
ナチュラルミネラルウォーターなど異なります。)

 

RO水はこの区分に当てはまります。
(RO水の原水は水道水や河川水を用いていることが大半です。)

 

デザインウォーターなどと呼称しているものもありますが、
これはボトルドウォーター属しますので勘違いしないようにしなければいけません。
(品質が悪いと言うわけではなく区分としてということです。)

 

このデザインウォーターという言い方ですが、RO水に後からミネラル成分を配合して
お水を加工していることからこういう言い方を用いています。

 

ですが正式にはボトルドウォーターに属されます。

 

 

原水

 

原水は蒸留水、河川の水や水道水などがそれにあたります。

 

市販されているお水の区分で、RO水は水道水や河川水を使用しています。
水道水をRO膜という特殊なフィルターでろ過して処理します。

 

このRO膜は普通のフィルターでは除去できないダイオキシンや農薬、
環境ホルモンなどの有害物質を除去することが可能です。

 

しかしこのろ過方法はミネラル分など有益なものまでろ過するので
処理後のお水は純水(ピュアウォーター)という不純物を含まないお水になります。

 

ですがミネラル分などの成分が全くないということは、そこからくる風味などが
感じられないため、後からミネラル分を添加して販売されていることが多いです。

 

クリクラアクアクララアルピナウォーターなどのブランドがこういった種類に属します。

 

 

 RO水のウォーターサーバーはこちらで比較確認

 

 

天然水とRO水の違いの確認はTOPページへ

 

 

関連ページ

ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターとは、ある特定水源から採水された地下水で一番自然に近くミネラル分を多く含んだお水です。炭酸水(天然性の)も含まれます。選ぶべきはこの種類のお水を言えます。ミネラルウォーターと称していても市販の製品の中には天然水ではない事もあり、しっかりと見極けることが重要です。
ナチュラルウォーター
ナチュラルウォーターとは、特定の水源地下水を原水にして沈殿や濾過、加熱殺菌のみを処理方法としてその他の精製方法を用いないものを言います。端的にはナチュラルミネラルウォーターに対してミネラル分が少量のものがこれにあたり、このお水も天然水と言えますが含まれている成分に違いがあり注意が必要です。
ミネラルウォーター
ミネラルウォーターとは一般的に一番良く耳にし馴染みのある名称ですが、品質表示ガイドライン的な分類で言うと少し状況が違うようです。原水はナチュラルミネラルウォーターですがミネラルの調整やばっ気(空気を送り込む事)などの処理、複数原水のブレンドなどがなされたお水のことです。