費用、メンテナンス、配達エリア | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

費用、メンテナンス、配達エリア

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

費用、メンテナンス、配達エリア

 

メーカーの特徴製品の特長をご紹介していますが、重要なのは費用面
そしてメンテナンス面ですね。

 

費用が安くてもメーカーの対応やメンテナンス面が悪ければ
満足できません。

 

またメンテナンスがいくら良くても他もメーカーと比べて
大幅に費用が高くても満足できませんね。

 

つまりバランスが大切ということです。

 

こちらのページでは費用面(価格面)、メンテナンス面をご紹介します。

 

 

費用、価格面

 

マーキュロップで必要な費用は、お水代、サーバーのレンタル料です。
具体的のいくらかかるか気になりますね。

 

それぞれの部分をご紹介します。
また発注ルールなどもありますので併せて解説します。

 

 

お水代、製品内容

 

お水の形式はリターナブルボトル方式です。

 

容量は12リットル、1本あたり1,620円(税込)です。
1回2本からのお届けになります。

 

価格

 

 

レンタル料

 

レンタル料はタイプ別に500〜700円(税込)となっています。

 

レンタル料

 

 

月々の料金

 

月々料金

月にボトル2本利用、そしてスリムタイプにサーバーを選択された場合、
月々3,940円(税込)という利用料金になります。

 

最低使用料金は、レンタル料500円の機種を選択すれば
3,740円(税込)となります。

 

電気代

・レンタル料500円の床置きタイプで約800円
・レンタル料700円のスリムタイプ(省エネタイプ)で約500〜650円程度。

 

お支払方法

月1回口座引き落とし

 

保証金

通常はかかりません。
ただしエリアによっては5,000円をお預かりする場合もあります。
(お預かり金ですので解約時返金)

 

その他の費用

ご利用期間が半年以内での解約、かつお水のご購入が12本以下の場合
違約金として5,000円が発生する場合があります。

 

必ずご確認ください。

 

メンテナンス料

エリアによって違いますが、1年に1回、
メンテナンス実施時に3,000円(税込)がかかる場合があります。

 

必ずご確認ください。

 

 

配送について(変更など)

 

ここでは毎月2本の定期配達コースを選択していますが
2週間に1回、3週間に1回、4週間に1回という配達サイクルを選べます。

 

また、前倒し配送、本数変更、配達スキップ(1回休み)も可能です。

 

都合によって次回配送予定日の2〜3日前までに連絡することで
変更可能です。

 

 

 

 

 希少性の高い富士天然水、マーキュロップのスペック詳細ページへ

 

 

メーカー取材レビューページTOPへ行く

 

 

関連ページ

メーカーの特徴
当サイトでオススメするマーキュロップというメーカーの特徴とはどういうところにあるのか?例えばボトリング工場の公開や水質にこだわっている点などが挙げられます。確かにどのメーカーも水質には自信を持ってはいますがこの会社のこだわりは別格です。
製品の特長
ウォーターサーバーの会社として他社にはない特別な採水地、そしてメーカーの姿勢などから生み出される製品の特徴とは何でしょう。圧倒的な解約率の低さがマーキュロップという会社が生産している天然水や会社としてのお客様への対応のクオリティの高さを表しています。
切り替えユーザー
最初は納得して使い始めたウォーターサーバーですが、継続して使用していくといろいろ不満などが出てくるものです。マーキュロップは、他社からの乗り換えも多く、全体的にも解約が1%未満と満足度が高いメーカーとなっています。切り替えた利用者が使い続ける会社ですから信用できますね。
配達エリア
当サイトでオススメするマーキュロップというメーカーの特徴とはどういうところにあるのか?例えばボトリング工場の公開や水質にこだわっている点などが挙げられます。確かにどのメーカーも水質には自信を持ってはいますがこの会社のこだわりは別格です。このメーカーの配送エリアをご紹介します。