白湯でデトックス、ダイエット、美容効果 | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

白湯でデトックス、ダイエット、美容効果

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

白湯の「ダイエット」「デトックス」「美容」効果

 

白湯

 

最近女優やモデルを中心に美容やダイエット、デトックス効果が得られるとして「白湯」を積極的に飲んでいることが注目されています。

 

白湯とはいわゆる普通のお湯ということになります。
正確に言うと、一度沸騰させたものを飲める適温まで冷ました状態のものです。

 

だいたい50〜60℃の温度が適温です。

 

塩素などは一度沸騰させているため飛ばされているということで、お水としてもより飲みやすいものになっているということも言われています。
(トリハロメタンやその他の安全性が完全なものになっているとは言えませんが)

 

そのただのお湯ですが、ダイエット効果、美容効果、デトックス効果があるとして今や一般の方の中にも浸透してきています。

 

よく暖かいお茶ではダメなのかということが言われるようですが、体に良い成分も含まれてはいるもののそれが胃腸を働かせてしまうので、内臓を休ませるなど期待できる働きが違うので使い分けるのが良いでしょう。

 

白湯のがなぜ様々な効果を持つのか

 

白湯になぜダイエットやデトックス、美容効果などがあるのでしょうか。
それ自体ただのお湯で薬ではありませんが、体の持つ機能が白湯によって働くことで様々な効果を発揮すると考えてよいでしょう。

 

例えば、温かいお湯を飲むことで内臓にとっても負担がなく(冷たいお水の飲み過ぎは内臓を冷やします)、また程よく暖められるので血流を改善します。

 

また内臓にやさしいということは内臓の疲れも癒されます。
胃腸が弱っている人にとってはその働きの回復も図れるので、消化を助けたりするので結果体調の回復も期待できます。

 

アーユルヴェーダという古代インド医学の考え方で言うと、白湯は内臓や血液の流れの改善など循環機能が向上するとされています。
また消化力が向上すると胃腸が浄化され結果毒素が排出されるとされていて、その排出効果がいちばん高いのが白湯とされています。

 

内臓が暖められ血流が良くなれば体温も上昇します。
体温の上昇は免疫機能と代謝を活性化しますので結果ダイエットに繋がるというのがひとつの効果です。

 

【期待できる効果として】

  • 内臓の機能回復と向上(体調の回復)
  • 血流の改善
  • デトックス効果
  • それらの効果による代謝機能の向上によるダイエット効果

 

基礎代謝は約10%〜12%程度上がると言われています。
これにより脂肪燃焼効果も上がり結果ダイエットに繋がることが期待されていますが、内臓を暖めることがとても重要なのが分かります。

 

さらなる効果

 

血流の改善や内臓機能の改善や向上によって代謝が上がることによって冷え性の改善が図られます。
白湯実践者の中でもとても多い声です。

 

内臓が暖められるのは冷え性改善に非常によいとされています。

 

また体に負担の少ない暖かい白湯は比較的飲みやすく、一日に中で何度も飲むことで利用作用が働き老廃物の排出も期待できる効果と言えます。
ミネラルウォーターを一日数回に分けて1〜2リットル(飲み過ぎは良くありません)飲むことが良いとされますが、白湯は内臓にも負担が少ないのでデトックスも楽に行えますね。

 

内臓の働きの改善は便通の改善にもつながり便秘の解消も期待できます。

 

【さらなる効果】

  • 冷え性の改善
  • 便秘の解消

 

美容に良い理由

 

白湯を積極的に取ることによって代謝が向上するのは記載しましたが、代謝が上がれば肌の代謝も活性化されることによって美肌に繋がります。
また水分が十分に肌に浸透すれば体の内側から保湿されるので乾燥も防ぐ効果も期待できます。

 

老廃物を排出するデトックス効果も結果美肌に繋がるので、そういった意味では相乗効果が得られるということですね。

 

白湯の効果的な飲み方

 

白湯の効果的な飲み方として朝一番が良いです。
人は寝ている間に汗をかき起床した時は水分不足の状態です。

 

朝一番に冷たい水を飲むより暖かい白湯の方が内臓に負担をかけることなく内臓を活性化させることができますし、その後30分程度経ってから朝食を摂れば消化も速やかに行われます。

 

朝一番の一杯の冷たい水が刺激になって便通や内臓を活性化させるので良いと言われますが、白湯の方が負担は少ないし、そもそもの白湯の健康効果を考えれば冷水より白湯がおすすめといえるでしょう。

 

ここで注意点ですが、ゆっくりすするように時間をかけて飲むようにしてください。
じっくりジワジワと体の中をめぐっていくような感じと言えば分かりやすいでしょうか。

 

あとは食事と同じタイミングも消化を助ける効果が期待できるのでオススメです。
就寝前も体をリラックスさせ良い睡眠を取るためには効果的です。

 

注意点

 

いくら体に良いからといって飲み過ぎは内臓に負担をかけます。
つまり行き過ぎは良くないということです。

 

一日の目安として約800cc程度を4〜5回に分けて飲むと良いです。

 

また体温よりも冷めた白湯は効果が減ってしまいますので、冷めてしまったものは避けた方が良いでしょう。
飲むのに時間をかけ過ぎてしまうと白湯の効果が半減してしまうので10分程度で飲むようにしてください。

 

白湯の作り方

 

やかん

 

白湯の作り方調べて見るといちいちお湯を沸かして一定時間沸かし続けるなどなかなか面倒な感じがしますが、簡単な方法として電子レンジで温める方法があります。
ミネラルウォーターか水道水をマグカップ等に入れて500ワット(一般的なご家庭用の)電子レンジで平均2分程度温めてください。
(適温は暖める時間で調整してください。)

 

ただこの方法は単に水を温めただけのものですし白湯として成立しそうな感じがしないので、できればやかんを火にかけて沸かす手法が望ましいです。
一定時間沸かして塩素などを飛ばすといったことも大切なので、ちゃんとやかんを火にかけて作ることをおすすめすます。

 

【以下白湯の作り方です。】

  • やかんに水を入れて強火で一気に沸かします。
  • 沸騰したらフタを取ってそのまま湯気が上がりように熱し続ける。

    (空気に触れることでカルキ臭が抜けるなどの効果)

  • お湯がブクブクと泡立ち始めたら少し火力を落として10〜15分程度沸かし続ける。
  • その後火を止めて飲める温度まで冷まして飲んでください。(50〜60℃)

ただし毎日この作業を続けるのは大変ですし、お湯を沸かし続ける手間や時間を考えるとそもそも水質の良い天然水ウォーターサーバーなら簡単にお湯を注いで利用できるので利便性高いのでオススメです。

 

天然水であること自体が健康に良いですしそれを白湯として使えるのは非常にメリットになります。

 

 

 天然水サーバー水は毎日の白湯作りも簡単にできてオススメです

 

 

関連ページ

料理に活用
ウォーターサーバーのお水は安全な飲料水の確保は美味しい飲料水の確保だけでなく様々な活用ができます。その一つが料理です。実はお水の使い方で料理の味わいが変わるなどのメリットがあります。日本は出汁文化ですがそれは日本が軟水だからなのですが、よい水を使うことでできばえもワンランク上になります。