料理に活用 | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

料理に活用

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ウォーターサーバーのお水を料理に利用する

 

料理

 

ウォーターサーバーのお水の活用法として料理に使うというのもおすすめです。

 

お水は料理の味わいを変えることはプロの料理人はよく分かっていることで、毎日家族のためにご飯を作る主婦やママもご存知の方は多いでしょう。

 

料理にミネラルウォーターのお水を上手に使うことでワンランクの料理になるだけでなく、ご飯やお茶の味わいも上げることができます。

 

お水が変わると料理が変わります。

 

ミネラルウォーターを使うことでお米がおいしく炊けることは広く知られていることですね。
日本で取れたお米は軟水質で育っているので炊くときも日本の風土で育った軟水を使ってたくことでおいしく炊けるのですね。

 

さらに言えば世界中にいろんな料理がありますが、その国々の料理をおいしく作るには地域のお水がその国々の料理を作るのに最適だというのは一般的に言われることです。

 

お水は料理をおいしくするのに大きく影響しており、料理によっては日本の水を使うより現地のお水を使った方がおいしくなるものもあるので、作るものによってはお水を変えてみるのも味わいを変えるのに良いかもしれません。

 

細かい話をすれば、日本国内でも西日本と東日本とで水質が少し違っていて東西で料理法が違っています。
日本料理は非常に繊細で、東西の若干の水質の違いでさえ料理法が変わってくるほどです。

 

例えば出汁の取り方も、西日本は昆布東日本はカツオ節からとなっています。
一番分かりやすいのはそばのつゆは西日本は薄い色で薄口になっているのに対し東日本は濃い色と味をしています。
(一般的に西日本が東日本よりもさらに硬度が低いため)

 

意外な点では、インスタントラーメンのどん兵衛などは東西日本でスープの味が違います。
これもお水の違いなどを考慮してのことです。

 

料理によってお水を使い分ける
お米

日本の水質で育っているので軟水で洗米し、軟水を使うと炊くと良いです。
特に洗米の際一番最初に水に浸かる時お水をたっぷりと吸い込むので、少なくとも洗米時の最初のお水は天然水を使うとよいです。

 

もちろん炊く時も天然水を使うとよりおいしいご飯になります。

和食

和食全体でいうと軟水を使うのがおいしくするコツです。
硬水を使うとあくがが出ておいしくなくなります(出汁も出にくくなるそうです)。
なお西日本は昆布で東日本はカツオ節で出汁を取ります。

 

日本茶は日本の飲み物なので軟水が適しています。

 

温度に気を付けて70〜80℃で入れるとおいしいお茶が入れられます。
(渋みを抑えるには70〜80℃、逆に渋みが欲しいときはもっと高温で入れるとよいです。)
まさしくウォーターサーバーの温水の温度と近い温度ですね。

 

料亭では塩素が料理の風味を壊すとして天然水を使っているそうです。
ご家庭で料理をおいしくするにか天然水のウォーターサーバーがおすすめです。

粉もの

お好み焼き、うどんなどの粉ものは小麦粉のグルテン成分を引き出し粘り気を出したり、お出汁が引き立つので軟水がおすすめです。
うどんは麺を作る段階からゆでる時も軟水を使うとさらにおいしくなります。

海外の料理

肉料理は海外の硬い水(硬水)が適していると言われます(お肉を軟らかくします)。
またパスタは硬水でゆでるのが良いとされています(コシを出し麺をおいしくします)。

 

紅茶は硬水が香りが立ちおいしく飲めます。

 

これ以外でも、日常的にコーヒーをおいしくかつ手早く入れたりするのにも便利です。
ぜひ生活を豊かにするために上手に活用してください。

 

 

 料理をおいしく生活を豊かにする天然水

 

 

関連ページ

白湯でデトックス、ダイエット、美容効果
ウォーターサーバーのお水は安全な飲料水の確保は美味しい飲料水の確保だけでなく様々な活用ができます。赤ちゃんのミルクや離乳食や気軽に安全なお水が飲めるようになることで水分不足を防止し熱中症などを防いだりといったことが代表的な利用例になりますが、生活を豊かにするための活用法は他にもあります。