育児を家事をもっと楽に | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

育児を家事をもっと楽に

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

育児だけでなく家事をもっと楽にする方法

 

育児ママ

 

ママは育児で大変です。
同時に家事もこなさなくてはいけなせんからとても重労働です。

 

赤ちゃんにはミルク作りや離乳食作りを一日何回もしなくてはいけませんし、育児全般はものすごいストレスです。それだけでなく妊娠中からお水に気を使いミネラルウォーターを購入して重いペットボトルの荷物を運ぶなどの労力を惜しまずかけているママもいます。

 

もちろん家族の健康のためを考えてのことでもあるでしょう。

 

とにかく育児と家事両方をこなしていくのは心身ともに負担です。
そこでその両方の負担を軽減させるためにウォーターサーバーの導入するご家庭が増えています。
ママの負担を楽にするため、そして同時に安心安全なお水の確保のための有力な方法の選択肢として選ばれています。

 

思わぬメリットとして、ミルクや離乳食作りが簡単にできるためパパが代わりに作ってくれるようになったという声も多くあります。(もしくはウォーターサーバー導入を期に代わりに作ってくれるように言ってみてはどうでしょう。)

 

さらにウォーターサーバーは子供成長に伴っても役立ちますので導入のメリットは計り知れません。

 

育児・家事を楽にするためのウォーターサーバー

 

育児や家事を楽にすることができるウォーターサーバーですがどのようなメリットがあるでしょう。
またデメリットはないのでしょうか。

 

ここではメリットとデメリットを解説してみます。

 

ウォーターサーバー導入のメリット

 

  • もしペットボトルなどのミネラルウォーターを購入しているなら、重い水を運ばなくてよくなる。
  • ペットボトルのゴミが少なくできます。
  • 妊娠中に気を使う飲料水としてミネラルの摂取も含めて安全なお水が飲める。
  • 乳幼児の育児で大変なミルクや離乳食作りの手間が軽減されるだけでなく安心なお水を使える。
  • お湯や冷水が常時使えるのでお茶やコーヒーが簡単に入れられる。
  • インスタントラーメンなど簡単に作れる(夜食作りにも便利です)。
  • 授乳や家事のストレスの軽減(これは大きいメリットではないでしょうか)。
  • お味噌汁をはじめ料理に活用できる。
  • お湯を沸かす手間が省けるので料理の時短に繋がる。
  • ミネラルウォーターを使うことで料理がおいしくなる。
  • 震災時の備蓄水として使える。
  • 日常的に水分補給ができるので熱中症の予防になる。
  • ミネラルの摂取が健康や美容に繋がることが期待できる。
  • 放射性物質から隔離された水源と品質検査によって安全か確認されている。

 

いかがでしょうか。
様々なメリットが生まれるのがご覧いただけます。

 

ウォーターサーバー導入のデメリット

 

ウォーターサーバーの導入はメリットだけではありません。
デメリットもあります。

 

多くはありませんがそのデメリットが受けるメリットに対して大きいか小さいかがウォーターサーバー導入の目安になります。

 

  • 電気代が月に600〜1000円程度余計にかかる(もし毎日のように電気ポットでお湯を沸かしたり保温していれば節約になる場合もあります)。
  • 多少設置スペースが必要になる。
  • メーカーによってはレンタル料などの費用がかかるものも。
  • 水ボトルにノルマ(定期配送形式)がある。(ノルマがないものもありますが代わりにレンタル料などがかかるケースも)
  • 衛生的に使うためには自己でのメンテも必要(内部がオートクリーン機能でメンテでされる機種も多いですが蛇口等は雑菌が付きやすいので清潔に)。
  • 契約に一定期間の縛りがあるものが多く解約すれば数千円程度解約料などがかかることがある。

 

上記ようなデメリットが想定できます。
レンタル料がかかる場合定期的なサーバー交換があったり、ノルマがない等の契約になっていたりしますのでトータルで判断すると良いでしょう。

 

ただ一般的な利用者の声としてメリットを感じている声が非常に多いことからも、満足度は高いと言えるでしょう。

 

 

 ママ満足度の高いウォーターサーバーを確認

 

 

天然水オススメ比較もしております。比較ページはこちらで確認できます
安価にウォーターサーバーを利用したいならRO水がオススメです。

関連ページ

子供や家族が率先して利用
ウォーターサーバーの自宅への導入は思いもよらない効果も発揮するようです。特に子供のいるご家庭ではお子さん自ら率先して水を飲むようになったいう声が多数です。これはお子さんの健康管理についてもママの手間が省けることに繋がっています。