初期費用 | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

初期費用

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

初期費用について

 

ウォーターサーバーを設置しようとしたときかかる費用で
確認したいのは初期費用です。

 

メーカーによって違いますが、いわゆる入会金のようなものを
要求するメーカーは一般的にはありません。

 

ほとんどのメーカーはお水代のみか、会社によってはお水代+レンタル料で
使用開始できます。

 

キャンペーンなどでレンタル料が初月無料とか、お水代サービス、
あるいはお試し期間などを設けているところもあります。

 

ただしお試し期間があっても、お試し専用のサーバーだったりするなど
注意点もあるので、よく確認しましょう。

 

 

 総合ランキングで初期費用を確認

 

 

関連ページ

お水代
ウォーターサーバー導入にあたり毎月かかるお水代。定期購入でお水が毎月届く方式か、ノルマはないけれど期間内に何本と購入する最低本数が決まっている方法などが一般的です。利用の仕方で経費も変わって来ますので、購入ルールや代金などは把握しておきたいものです。
レンタル料
ウォーターサーバーを利用する際にお水代以外にかかるものとしてレンタル代があります。これはサーバー本体についてかかるもので、無料で使用できる会社と、有料で料金がかかる会社とがあります。ただし有料だからといってデメリットになるわけではありません。
解約料
解約料は一旦使用したウォーターサーバーの使用を止めて契約を解除する際に必要になる場合がある費用です。大半のメーカーに最低使用期間が設けられており、その期間内の解約において請求される費用です。もちろんかからない会社もあります。契約前にしっかり確認しましょう。
電気代
ウォーターサーバーを利用するにあたり、見えない経費として気になるのが電気代です。24時間電源を入れっぱなしにするサーバー機ですからできるだけ省電力・省エネのものを使いたいですね。はたして電気代はどれくらいかかるかなど解説します。