お水代 | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

お水代

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

お水の代金について

 

ウォーターサーバー設置の目的である上質なお水を
利用するための費用はどれくらいかかるものか。

 

注意しなければならないのは、まずノルマの有る無しです。

 

毎月必ず決まった本数以上を購入しなければならないケースや
決まった期間内に少なくともこの本数は購入してくださいというケース、

 

必要なときだけ注文できる場合や、毎月注文の必要はないけど
一定の期間内に最低購入本数がない場合は手数料のようなものや
レンタル料がかかるケースなどもあり様々です。

 

 

さらに注意点として、お水のボトルの容量です。

 

多いのは12リットボトルですが、他に8リットルというボトルもあります。
お水代とお水の容量とのバランスも重要です。

 

価格だけしか見ていなかったため、費用が高くついてしまったと
いうことがないよう注意しましょう。

 

分かりやすく判断するには
500mlとか1リットルあたりのお水代の単価を算出してみるとか
一定の条件で比較してみるとよいでしょう。

 

 

例えば、お水代が1300円、容量が12リットルだとすると
1300円を12で割ると1リットル当たりの単価、
1300円を24で割ると500ml当たりの単価がでます。

 

こうすると単価比較が出てきます。

 

もっと言うとレンタル料金なども含めて計算するとトータルの費用に対して
単価が出てきますので、それで比較するともっと現実的ですね。

 

 

できれば電気代なども含めたいところですが
これは実際使ってみないと分かりません。

 

強いて言うなら、メーカーが目安としての電気代を公式ページなどに
記載している場合はそれを参考にすると良いでしょう。

 

 

 総合ランキングでお水代を確認

 

 

関連ページ

初期費用
定期的にお水を購入するウォーターサーバーですが、契約の際の初期費用はとても気になりますね。ただしほとんどのメーカーが初めに契約料などの余計な費用はかからず利用できます。むしろ気にしなければならないのは他にかかる経費のようです。
レンタル料
ウォーターサーバーを利用する際にお水代以外にかかるものとしてレンタル代があります。これはサーバー本体についてかかるもので、無料で使用できる会社と、有料で料金がかかる会社とがあります。ただし有料だからといってデメリットになるわけではありません。
解約料
解約料は一旦使用したウォーターサーバーの使用を止めて契約を解除する際に必要になる場合がある費用です。大半のメーカーに最低使用期間が設けられており、その期間内の解約において請求される費用です。もちろんかからない会社もあります。契約前にしっかり確認しましょう。
電気代
ウォーターサーバーを利用するにあたり、見えない経費として気になるのが電気代です。24時間電源を入れっぱなしにするサーバー機ですからできるだけ省電力・省エネのものを使いたいですね。はたして電気代はどれくらいかかるかなど解説します。