電気代 | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

電気代

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

電気代について

 

ウォーターサーバーを使うにあたり気になるのが
電気代です。

 

基本的に24時間コンセントにつなぎっぱなしのサーバー機ですから
自ずと電気代は気になります。

 

特に最近電気代も値上げされてきていますし、
経費としてどれくらいかかるのかは大きな関心事でしょう。

 

 

そこで一般的にウォーターサーバーにかかる電気代がどれくらいなのか
様々なメーカーを調査してみました。

 

平均しておよそ1000円程度だということが分かってきました。

 

機種によっては約500円〜700円前後しかかからないようなものもあり
相当省エネ化が進んでいます。

 

 

この1000円という金額ですが、他の家電と比較すると
電気ポットと同じくらいです。

 

電気ポッドはお湯しか沸かせません。

 

お湯を沸かし、沸いた後は保温し、
温度が下がれば再加熱という動作を繰り返すだけです。

 

この動作を一日繰り返すことにより結果月1000円程度の電気代が
かかることになるのですが、何だかもったいないですね。

 

使うかどうかに関わらず上記の動作をひたすら繰り返すわけです。

 

目安として沸騰させると1回あたりの電気代が約30円になります。
1日2回沸騰させると1か月約900円になります。

 

つまり1日2回の沸騰で1000円近くになりますので
それ以上の沸騰回数になると1000円はすぐに超えてしまいます。

 

 

それと比べると、給水時にのみ冷水を供給したり温水を供給するので
無駄はありませんし、冷水も温水も両方使えることを考えると
軍配はウォーターサーバーに上がるのではないでしょうか。

 

 

また24時間電源を入れっぱなしの家電と言えば冷蔵庫です。

 

冷蔵庫はやはり家電の中心で電気を消費する代表的な家電ですので
省エネが進んでいます。

 

冷蔵庫で言うと、約500円〜で電気代がかかってきます。
省エネの進んでいる機種で下限の電気代が約500円ということですね。

 

使用方法や機種によって変わってきますが、ウォーターサーバーと比べると
おおよそ同じレベルでの電気代と言えます。

 

 

電気代以上の価値

 

電気代が月に500円から1000円程度かかるウォーターサーバー。
お水代を入れば月に数千円かかります。

 

しかしこれは安全でおいしいお水が飲めるという点、
いつでも温水・冷水が飲めるという利便性、

 

重たいお水を運ばなくてもよいという手間軽減、

 

こういった点から非常に価値のあるものだと言えます。

 

 

特に塩素やお水の安全性に関する機運と需要が高まっている今、
また子供や赤ちゃんの安全と健康を守りたいということに対して
ウォーターサーバーはとても価値ある製品であると言えます。

 

 

 総合ランキングで電気代を確認

 

 

関連ページ

初期費用
定期的にお水を購入するウォーターサーバーですが、契約の際の初期費用はとても気になりますね。ただしほとんどのメーカーが初めに契約料などの余計な費用はかからず利用できます。むしろ気にしなければならないのは他にかかる経費のようです。
お水代
ウォーターサーバー導入にあたり毎月かかるお水代。定期購入でお水が毎月届く方式か、ノルマはないけれど期間内に何本と購入する最低本数が決まっている方法などが一般的です。利用の仕方で経費も変わって来ますので、購入ルールや代金などは把握しておきたいものです。
レンタル料
ウォーターサーバーを利用する際にお水代以外にかかるものとしてレンタル代があります。これはサーバー本体についてかかるもので、無料で使用できる会社と、有料で料金がかかる会社とがあります。ただし有料だからといってデメリットになるわけではありません。
解約料
解約料は一旦使用したウォーターサーバーの使用を止めて契約を解除する際に必要になる場合がある費用です。大半のメーカーに最低使用期間が設けられており、その期間内の解約において請求される費用です。もちろんかからない会社もあります。契約前にしっかり確認しましょう。