妊婦さん、赤ちゃんへの水の影響と最適な水とは | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

妊婦さん、赤ちゃんに与えるお水の影響とは

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

妊婦や乳児・小児が飲むお水の影響とおすすめのお水とは

 

乳児

 

体の小さい赤ちゃんや小児など乳幼児は体も小さく、大人と違い体の水分割合や水分代謝も違い、また内臓も弱いのでお水の影響を大きく大きく受けます。
また生まれる前の胎児もお母さんのお腹にいる分、母体の摂取するお水の質の影響を受けやすと言えます。

 

そういった意味で妊婦さんも出産されたママも、子育てが忙しいママも子供の成長に伴ってお水に対して気を配るのは基本と言えるでしょう。
ママのお腹の中にいる時、出産後の乳幼児、離乳食を食べ始める離乳時期、そして小児とそれぞれのタイミングによってもお水の影響の受け方は違うので配慮が必要ですね。

 

 

妊婦さんが飲むお水がお腹の中にいる赤ちゃんに与える影響とは

 

ミルクや母乳、離乳食、飲料水などと違い妊婦さんのお腹の中にいる赤ちゃん(胎児)は常にママの体内に居てへその緒から栄養をもらっています。
つまりお母さんの対象や摂取したものの影響をもろに受けてしまいますからお母さん自身が摂る食べ物や飲み物に注意配慮しなければなりません。特に飲料水はお腹の中での羊水や体をめぐる血液などの体液に作用するので特に配慮したいものです。

 

 

妊娠後のお水の胎児への影響

妊娠したあと飲料水には配慮は要らないのでしょうか?
特に水道水に関しては大人だけでなく子供にも避けるのが当たり前になってきましたが妊娠中のママが飲むお水の胎児へのに影響はどうでしょう。

 

タバコや飲酒(アルコール)、カフェイン、薬などは別として、普通に飲む飲料水などは直接おなかの赤ちゃんのところに行くわけではないので気にしなくていいという意見もあります。つまり血液として届くので問題ないということです。

 

しかし近年赤ちゃんのアレルギーやアトピーが増えている要因のひとつとして、赤ちゃんが生まれるまで過ごすママのお腹の環境があると言われています。
つまりママの食べるもの、飲むものが結果としてママの体を構成し体内環境を作るからで、長年食べて来たものや飲んできたものが体を作り体質に影響を与えるのでいい加減なものを飲み食いしていたら体に良くないのは分かりますね。

 

妊娠後に摂取するものお腹の胎児に与える影響をは大きいのでさらに配慮が必要です。特に飲料水は重要です。妊娠後摂取した水分はお腹のなかで赤ちゃんを育む羊水にもなるので赤ちゃんに与える影響は大きいと言えます。
妊娠後期にもなると1日当たり500mlも赤ちゃんは羊水を飲んでいるそうですから、お母さんがお水や食物に気を使わないとお腹の赤ちゃんに影響を与えるということは想像できますね。

 

赤ちゃんの生まれた後のアレルギーやアトピーはお腹の中にいる時に原因が作られていると言っても過言ではないので飲料水には気を付けた方がいいです。赤ちゃんの健康は妊娠中から考えていきましょう。

 

 

どんなお水を飲むべきか

妊婦

 

ママが毎日飲むお水の質がお腹にいる赤ちゃんに与える影響が大きいことは理解できます。
さらに妊娠初期はつわりなどで思うように食べられないこともありますが、水分不足は避けなけれならないので水分だけは意識してこまめ摂る必要があります。

 

水分不足は排尿を減少させ老廃物の排出が悪くなりますし、血液の循環も悪くなりむくみの原因になるばかりかお腹の赤ちゃんへの栄養の流れも悪くなります。
さらに妊娠中の水分不足は貧血や脱水症状にも繋がりますし胎児にも影響するのでこまめな水分摂取が必要です。
こまめな水分補給は母体の隅々まで水分を行き渡らせ羊水の循環を促し常にキレイな状態を保ち赤ちゃんへの栄養循環も良くします。

 

ではどんなお水を飲めばいいのでしょう。水道水ではだめなのでしょうか?
まず前提として不衛生なお水は避けるべきで、井戸水や湧き水は水質検査もままならないので飲まないようにしてください。その上で水道水はどうでしょう。

 

水道水が問題となるのは塩素などの化学物質と放射性物質の心配ではないでしょうか。
放射性物質に関しては、水道水は現在安全な状態にあるとされていますが不安はぬぐいきれません。行政が安全と言っても自分たちで注意しすぎてしなりないということはありません。

 

 

放射性物質の影響

放射性物質に関しては、乳児で100ベクレル、大人で300ベクレルまでが安全範囲と言われています。

 

妊娠中のお腹にいる赤ちゃんへの影響はどう考えたらよいでしょう。
日本産科婦人科学会ではお母さんが仮に1キロ当たり200ベクレル程度の水道水を毎日飲んだとしてもお腹の赤ちゃんには問題はないと言っています。
これは安全性だけでなく、あまりに気にしすぎて水分摂取できないようになるくらいなら水道水でも積極的に飲んだ方が良いという意味も含まれているようですから、本当にお腹の中にいる赤ちゃんを守るのであればこの安全と言われる基準に対しては疑いを持って自衛する必要性を感じます。

 

 

塩素の影響

塩素はどうでしょう。塩素は雑菌を殺菌して安全に水道水が飲めるようにするために使用されます。
ただ日本の塩素濃度は海外に比べて濃度が濃いと言われています。水道水は塩素が若干ながら残っており(残留塩素)、味やにおい、さらには長期間摂取することでの体への影響を考えて飲料水として避ける人が増えてきました。

 

塩素は長期的にはアレルギーやアトピーの原因になっているとも言われています。
さらにシャワーなどを使用することで湯気を吸入したり、洗浄トイレ(ウォシュレット)の普及でガンを引き起こすと原因になっているというレポートもあります。シャワーや洗浄トイレの普及率とガンの増加が符合しているとも言われています。

 

妊婦が水道水を飲むことでの影響は残留塩素によるビタミンの破壊にあると言えます。ビタミンCとビタミンEを塩素は壊してしまう作用があります。
これらビタミンは胎児の成長に欠かせないものですし、不足により早産や出産自体が大変になる可能性も出てきます。また塩素はトリハロメタンという発がん物質を作り出すのですが、これを大量に摂取すると流産を引き起こすと言われています。

 

これらのことから妊婦さんは、胎児にとっても安全に出産するためにも水道水は避けた方が賢明と言え、ミネラルウォーターなどの利用をオススメします。推奨は軟水と言われる硬度が低いものが良いでしょう。

 

 

赤ちゃん(乳児)、幼児に与えるお水の影響

 

赤ちゃんに与えるお水の影響は、ミルクとして与える場合、母乳として与える場合、離乳食として与える場合とで変わって来ます。

 

授乳期において、赤ちゃんに母乳を与える場合はお乳をあげるママが飲むお水が影響し、ミルクを作って飲ませる場合はミルクを作る際のお水が直接赤ちゃんに影響を与えます。それぞれお水に対する注意点は違います。育児の仕方によってそれぞれどんなお水が最適なのでしょう。

 

 

母乳育児やミルク作りに対してそれぞれ最適なお水とは

母乳に関して言えば赤ちゃんにお乳を与えるママへのお水の配慮、ミルクに関してはミルク作りに使うお水そのものへの配慮が必要で、それぞれ注意点が違います。
母乳を与えている場合お母さんの食事や飲み物が母乳に影響し、ミルクを与えている場合は赤ちゃんが直接口にするお水の水質が影響しますので育て方によってお水への気遣いは変わります。

 

では母乳の場合とミルクの場合とで最適なお水とはどんなものでしょうか。

 

 

母乳を与えるママへのお水の影響

母乳の8〜9割は水分で血液からできるので、お母さんが日常飲んでいる飲み物が母乳の質に直結しますから食事・飲み物には配慮が必要です。そしていくら栄養の良い物を摂っても血液のめぐりが悪かったり血液量が少ない状態や体内にある水分の質が悪いと良い母乳は作られません。

 

重要なのは母乳の質を悪くしないことです。食事ではできるだけ水分が多いメニューにして栄養素が不足しないような食事内容にしてください。

 

さらに赤ちゃんに悪影響を与える余計なものが含まれないようにすることも大切です。例えば野菜は残留農薬の心配が少ないオーガニックが良いです。食べるもの飲むものでお乳の質が変わるのでどんなものを摂るのか、どんなものを摂り入れないようにするかが大切ですね。

 

そして母乳の8割以上である水分をいかに摂り入れるか、水分補給は非常に重要です。
もし1回あたり100ccの母乳を与えていたとして、授乳の回数分体液が失われることになります。しかし100ccの母乳を作るにはそれ以上の水分摂取が必要となりますから、水分が不足しない様こまめに水分補給していく必要があります。(一気に水分摂取しても尿になるだけなのでこまめに摂ることが大切です。)

 

母乳

 

母乳には赤ちゃんに必要な栄養素が含まれますが、前述したようにママが摂り入れた水分が血液となりそこから母乳となっていくので気を付けないと不要な成分も含まれることになります。例えばカフェインを摂取すると微量ながら母乳にも含まれ赤ちゃんにとってはよくありません。
糖分の高い飲みものばかり飲んでいればそれも母乳には良くないので、摂取量やタイミング(お乳を上げた後とか次の授乳までの時間が開く時とか)を考える様にしましょう。

 

そして一番の関心事として多くのお母さんが気にするのが水道水のお水に関してです。

 

まず水道水には塩素が含まれます。水道水に含まれる塩素が母乳にどのような影響があるか、という点です。塩素はアレルギーの原因になったりする化学物質です。残留塩素が微量だっとしても母乳に影響がないとは言えません。さらに水道水にはトリハロメタンという発がん物質が含まれていますので、間接的とは言え赤ちゃんには飲ませたくありませんね。

 

さらに放射性物質に関しても不安は付きまといます。今の水道水は問題ないとしても万が一の際自分でコントロールできませんし日々安心できるかと言えば子供がいればいるほど不安です。これらのことから可能な限り水道水以外を飲みたいと考えるのは自然なことです。

 

おすすめは軟水のミネラルウォーターです。
塩素などで汚染されていませんし、天然水は地中深く汚染から隔離された場所から採水されていますしRO水は放射性物質も取り除くと言われている逆浸透膜でろ過されているので安心です。天然水かRO水かは好みの分かれるところですが、自然な味わいの天然水が当サイトではおすすめです。

 

 

ミルク作りに使用するお水の赤ちゃんへの影響

母乳と違い赤ちゃんにミルクを与える場合、使用するお水は母体などを経由せずほぼ直接的に与えることになります。もちろん普通ミルク調乳には湯冷ましを使いますが、水道水ならそれがほぼ直接口に入ることになります。そういった点から水道水をミルク作りに使うことに抵抗感を感じるお母さんは増えています。それは母乳で育てているお母さんより多いかもしれません。

 

お水の成分に関しては日本の水道水は軟水と言われているのでそれは問題ありません(地域差はありますが)。しかし水道水を敬遠する理由は塩素やトリハロメタン、放射性物質、衛生面などの不安です。

 

水道水が厳しい基準で検査されているとは言え、あくまでそれは設定された安全と考えられる基準値内というだけであって小さな赤ちゃんや子供を抱える親は心配してもし過ぎることはありません。

 

塩素やトリハロメタンなどを取り除くためには湯冷ましを作る際に10〜15分以上沸騰をさせてから(やかんのフタを開けたまま)70度程度まで冷ましたものを使用したり(5分程度の沸騰時間だと反対にトリハロメタンの濃度を高めてしまいます)、トリハロメタンが取り除ける電気ポッドを使ったり(あるいは調乳ポッドを使ったり)して慎重にミルクを与えている人も多いです。ミルク作りにこれだけの手間を掛けるのは大変です。夜お腹がすいて泣き出す赤ちゃんにミルクを飲ませるのには結構大変です。こういった面からもミネラルウォーターやウォーターサーバーなどを利用するといいですね。

 

ちなみに水道水がそのまま飲めるようになるには離乳食を食べ始める生後6ヶ月〜1才以上だと言われています。内臓が未発達な内は下痢のなったりする心配があります。内臓がある程度強くなり雑菌にも耐えられるようになれば問題ないとは言え親として水道水は直接は飲ませたくないですね。

 

赤ちゃんの体内の水分はその半分が1日で入れ替わってしまうくらい代謝するので水質の良い水分を与える必要があります。ですが水分を摂らせるたびに10分以上沸騰させて湯冷ましを作るのは大変ですし、調乳ポッドなどを使ったとしても水道水自体の安全性を考えると不安を感じます。

 

 

実は水道水は衛生面にも不安があります

塩素は殺菌などのために使用されているので、雑菌などの心配がないと思われがちですが実は浄水場から送り出されたあとが問題となります。古くなった水道管、マンションの貯水槽などは水質を悪くする元凶となります。特にマンションの貯水槽は不衛生になりやすく、ゴミが溜まったりや藻の発生、小動物が紛れ込んだり(そのまま死骸となったり)と衛生度は低くなりがちです。日本で設置されている貯水槽の約8割を占める小規模貯水槽といわれる10トン以下のものはほとんど清掃されていないという実態のため、その水質は最悪です。

 

いくら浄水場から送り出される時に消毒されていても口に入る時に汚くなっているのであれば意味がありません。残留塩素と雑菌と矛盾した二重の不安を飲むことになります。このことから厳しい水質検査を受けた水道水と言えどそれは絶対的なものではないです。

 

さらに残留塩素が直接口に入る不安は母乳に比べても大きく、その影響はタンパク質の破壊、保水力を奪い乾燥肌やアトピーの原因にもなると言われています。小さな赤ちゃんは内臓も未発達で弱いため大きな負担を与えますから、できるだけ水道水以外のものを与えてあげることをオススメすます。

 

このようなことから、水道水をミルク調乳に使用するのは避けた方がよいと考えます。

 

 

水道水の弊害とは

 

蛇口

 

水道水に関して、妊婦や赤ちゃんへの安全性についてネットで調べてみても賛否が分かれています。
水道水は厳しい安全基準で検査されているので問題ないという意見、一方残留塩素などの影響を懸念する意見があります。安全だがある程度(10分以上フタを開けたまま)煮沸させて塩素やトリハロメタンを飛ばして使用すると安心して利用できるという意見もあります。

 

どの意見を採用してよいか迷いますね。
1つ言えることは、少なくとも水道水をそのまま飲ませるとしてもそれは内臓がある程度強くなる生後6ヶ月から1才以降(多少前後する解説もありますが)ということです。水道水に含まれる塩素や雑菌などが負担となるためです。もし乳児に対して水分不足を心配してお水を飲ませたいなら白湯(湯冷まし)を1回あたり20mlまでを目安に1日20〜40ml程度の少量をあくまでミルクの補助としての水分補給で与えるくらいにしておきましょう。

 

水道水に含まれる塩素やトリハロメタンの弊害として一般的に言われているのは、ビタミンCの破壊、タンパク質や細胞破壊によるアレルギーやアトピーの原因、肌の老化や毛髪へのダメージ、活性酸素の発生、発がん性、お風呂などで水蒸気になったものを吸い込むことでの肺や気管への影響(肺がんや喘息など)、アレルギー性鼻炎の原因等が挙げられます。
妊婦が大量に塩素やトリハロメタンを摂取することになれば流産の危険もあるなどいいことはありません。

 

さらに体への影響だけでなく、集中力の欠如、やる気が起きない、すぐキレるなど精神的に不安定といった面の近年指摘されています。

 

またいくら塩素で消毒されていたとしても、河川に流れた(下水も含め)洗剤や散布された農薬など溶け込んだ化学物質は排除されません。
前述しましたが浄水場から出る水がいくら良くても、古くなった水道管や汚染された貯水槽を通れば意味がありません。古くなった水道管はアスベストなどが用いられているものもあり、それらがお水に溶けだして汚染する可能性もありますし、赤サビなども心配です。

 

これらのことから当サイトでは塩素の健康への影響が多少でも疑われているのなら、水道水を妊婦さんが飲んだり赤ちゃんのミルクに使用するのはオススメしません。

 

 

ミルク調乳にはミネラルウォーターより水道水が良い?

 

ネットを見ると粉ミルクは水道水で作られるようにミネラルの配合バランス考えられているので、ミネラルウォーターで作るとミネラル成分の摂取が多くなり赤ちゃんの負担になるという意見が出ています。果たしてそうでしょうか?

 

全国の水道局のホームページ等を調べて見ると分かりますが、水道水も河川を流れる水などを使用しているのでミネラル成分を含んでいます。いわゆる硬度と言われるものもある程度あって全国各地で差があります。気を付けないと硬度の高い地域もあります。硬度はマグネシウムとカルシウムの濃度によって決まり、その濃度が高いと硬水と言われるお水となります。

 

こちらのページで硬度や主要都市の水道水の硬度を記載していますのでご確認いたあきたいのですが、決して市販のミネラルウォーターの硬度が高いとは言えないことが分かります。
ミネラルウォーターを利用すると水道水よりも過剰にミネラルを摂らせてしまうというのは少し誤解があるように感じます。最近は硬度の高い地域では(例えば沖縄の北谷浄水場など)硬度を低減して供給している場合もあるので、地元の水道局に硬度などを確認してみることをオススメします。(ただ塩素の問題から赤ちゃんへの利用はオススメしませんが)

 

 

純水(ピュアウォーター)がミルク調乳には最適?

 

赤ちゃんのミルク用のお水としてはRO水などでミネラル成分を添加していない純水(ピュアウォーター)が最適という解説と、純水はむしろ体内からミネラルを持って逃げるという解説があります。
どちらを信じればよいのでしょう。

 

当サイトでもRO水(ミネラル成分を添加していない)など純水は飲み過ぎない方が良いと解説しています。それは溶解性によって何も余計なものを含まない純水は何かを取り込もうとする作用があり体からミネラルを奪うので体のミネラルバランスを崩す可能性があるからです。

 

しかしミルク調乳で使用するお水としてのRO水などの純水は、粉ミルクにある程度ミネラル成分を含んでいるので(水道水で使うことを想定して)使用しても大丈夫と考えても良いでしょう。ただし一番にオススメしたいのは軟水の天然水で、次がミネラルを添加したRO水です。

 

ウォーターサーバーが便利で当サイトではミルク作りでもオススメしていますが、毎月の予算やメーカーの特徴などで選定するとよいでしょう。

 

 

 ウォーターサーバー厳選総合ランキング

 

関連ページ

赤ちゃんのミルク調乳に最適なお水とは
赤ちゃんのミルク調乳はママにとってとても大変です。お湯を沸騰させて湯冷ましを作るなどの作業を何回も行わなければなりませんしお水の安全性に対しても気を使わないとなりません。安全で安心できるお水選びもママの大切な仕事ですが何を選んでいいか分からないというのも良くある声です。
乳幼児の育児に向いている理由
ミルク調乳が必要な乳児期だけでなく離乳食が必要になる幼児期もお水選びは大切です。水分の多い軟らかいものを摂取する赤ちゃんにとって良いお水を使うことが望ましいです。そういう意味でウォーターサーバーはおすすめですしママにとってもすぐにお湯が使えるなど家事が楽になるので重宝します。