乳幼児の育児に向いている理由 | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

乳幼児の育児に向いている理由

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ウォーターサーバーが乳幼児の育児に向いている理由

 

哺乳ビン

 

乳児期の赤ちゃんに最適なオススメのお水として天然水のウォーターサーバーをオススメしました。
しかし赤ちゃんのミルク用として最適なだけではなく、それはママの育児にとっても最適と言えます。

 

育児の中で大変なことのひとつにミルク作りがありますよね。

 

ミルク作りは、お湯を沸騰させ湯冷ましを作るところからはじまり70℃程度のお湯でミルクを溶かした後湯冷ましを入れて40℃程度まで冷まして作ります。

 

これらを頻繁に行うのは非常に大変な作業です。
しかしこの過程をウォーターサーバーを使うことにより軽減させることができます。

 

ウォーターサーバーはすぐに80〜90℃の熱湯が出るのでお湯を沸かさなくて済みますし、冷水もすぐに出て来るので湯冷ましを作らなくてもこの冷水で温度調整をすることが可能です。

 

大幅なミルク作りに対する時間短縮ができるだけでなく、赤ちゃんにとってもミルクができるまでの時間が短くなるのでストレスが軽減されるのではないでしょうか。

 

ママにとっても赤ちゃんがぐずる時間が短くて済むなどストレスの軽減に繋がると期待できるのではないでしょうか。

 

ミルクだけでなく

 

また育児の観点からいうと良いお水が必要なのはミルク授乳期だけではありません。

 

乳児から幼児に成長していくにつれて離乳食が必要になりますし、また普通の食物が摂取できるよまでに成長しても飲料水としてお水は重要です。

 

特に子供は甘いジュースなども好みますから、欲求通りそういったものばかり飲んでいると肥満にもつながりますし大人になった時の成人病リスクは高くなります。またアレルギーなどの疾患にも繋がる恐れもありますので、子供の時こそお水を飲む習慣をつけるのが望ましいです。

 

さらに子供はよく汗をかくので水分補給をしっかりしなければなりません。その水分補給をジュースなど甘い飲み物で行うのは健康面からも経済面からも望ましくありません。

 

また砂糖が入っていなければいいだろうと人工甘味料をつかった0カロリー飲料を飲ませるのも実は健康の面ではよくないことが分かってきています。

 

例えば、人工甘味料に糖尿病リスクあるとか、人工甘味料を摂取しているほど実は肥満に繋がるなど健康面への悪影響がしてされています。

 

ホルモンに対する影響や味覚障害、中毒懸念なども指摘されており人工甘味料はできるだけ避けた方がよいと言えます。

 

子供にとって全く甘いものを排除することはできませんが、普段はできるだけお水を飲む習慣を身に着けることが重要で、そういう意味ではすぐに冷たい水、あたたかいお湯が利用できるウォーターサーバーの利用は非常に意味のあることです。

 

 

 育児に向いているオススメのウォーターサーバーとは

 

関連ページ

妊婦さん、赤ちゃんに与えるお水の影響とは
妊婦さんや赤ちゃんを育てているママはお水には気を使いますね。お腹にいる胎児は母親の飲むお水の影響を受けます。また水分代謝が大人と違って活発な赤ちゃんは母乳の質やミルクで使うお水の影響を受けるので、普段の飲料水や調乳用のお水は重要です。妊娠中や育児に最適な水とは?
赤ちゃんのミルク調乳に最適なお水とは
赤ちゃんのミルク調乳はママにとってとても大変です。お湯を沸騰させて湯冷ましを作るなどの作業を何回も行わなければなりませんしお水の安全性に対しても気を使わないとなりません。安全で安心できるお水選びもママの大切な仕事ですが何を選んでいいか分からないというのも良くある声です。