それでも心配な放射性物質 | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

それでも心配な放射性物質

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

本当に水道水は放射性物質汚染などに対して安心できる?

 

水道水

 

普段使うことの多い水道水ですが、塩素に対して多くの人がその安全面に不安を持っています。
飲料水に対しては極力ミネラルウォーターなどを利用するという人が多いのもそのためですね。

 

赤ちゃんや乳幼児持ちママ、あるいは妊娠中のママの多くができるだけ子供に不安のないものを与えたいということから水道水を利用しないように努めているというのもそのためと言えます。

 

しかし一方で水道水は安全で全く心配いらないと言われているのも事実。
本当に何の心配もなく利用できるのでしょうか?

 

安全面だけでいうと塩素に対する心配は常に付きまとい不安ですが、それ以上に健康に影響のある放射性物質に対して安全と言えるのかはなかなか証明できないが正直なところ。

 

事故のあった原発も完全にコントロールできているとは言えず絶えずギリギリの作業が行われていますが、放射性物質の拡散がなくなったわけではなくどうやら汚染はなくなっていないようです。

 

であれば、より安全な飲料水の確保は家族の健康を守るためにも行わなければならない重要な事柄ではないでしょうか。

 

「水道水は安全」信じて良いか?

 

最近は東日本の震災時における原発事故によって拡散された放射性物質やその汚染に関する報道はあまり聞かれなくなってきました。
しかしその事故によってまき散らされた放射性物質は遠くアメリカ大陸まで到達していると言われています。

 

忘れてはならないのは、福島の原発事故はソ連時代のチェルノブイリ原発事故同等レベルの大事故だということです。

 

この事故によってまき散らされた放射性物質はものすごい量で事故発生当時には関東の浄水場で放射性物質が検出されたという報道があったことも忘れてはいけません。そしてその汚染は継続しているという報道もあり(基準値を大幅に超える)、100%安全を信じることは困難です。

 

食物に関しても100%の安全は難しくある程度の汚染は避けられないという現実もありますが、命の源であり水に関して安全なものを取り入れたいものです。

 

ウォーターサーバー水であれば、天然水であれば採水されるその水源は地下数百メートルとなり汚染から隔離されていますし、採水後もボトリングされるまで空気にも触れないないような管理がされているなど安全に利用できるようになっています。

 

RO水に関しても原水となる水道水などをRO膜というフィルターを使いあらゆる物質を取り除いて「純水」という状態にしますので(その後ミネラル成分を添加しているメーカーが多いです)安全性は確保されていると言ってよいでしょう。

 

そういう意味では、利便性のみならず安全性においてもウォーターサーバーのお水はオススメです。

 

オススメは天然水で、天然水で絶大な人気を誇る富士山麓地域で採水されたものがミネラルバランスや味わいなどで利用者の評価が高いです。

 

 

 非加熱で高ランク水質のプレミアムウォーター

 

 

関連ページ

災害時備蓄のため
ウォーターサーバー導入理由として赤ちゃんに使用するお水を安全なものにしたいというのが多いですが、ご家族にとっても健康面をはじめ様々なメリットがあります。災害時の飲料水の備蓄に良いというのもそのひとつです。備蓄水としてウォーターサーバーのお水は適しているか解説してみます。