リターナブル方式 | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

リターナブル方式

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

リターナブルボトル方式

 

リターナブルボトル

 

リターナブルボトル方式は、使用済のボトルを回収し
工場で念入りに洗浄・殺菌・お水の充填などを行うなど、
ボトルの再利用を行う方式です。

 

主に12リットル入りのガロンボトル言われるボトルを使用し
素材は頑丈で衝撃にも強く、繰り返しリサイクル使用が可能になっています。

 

少し前はRO水メーカーのリターナブルボトル採用がほとんどでしたが
今は天然水のメーカーでの採用も多くなってきており、
採用ボトルでの判断はなかなかつきにくくなっています。

 

 

リターナブルボトル方式の場合、業者が使用済ボトルを回収するまで
保管の必要があると言う点がデメリットです。

 

ただ普通は、一般家庭であれば何十本もボトルを消費することはありませんので
保管場所がどれくらい負担になるかがポイントになるでしょう。

 

 

ワンウェイ方式に多いサーバー機のセルフメンテナンス方式に関しては、
レンタル料が無料な場合が多いです。

 

リターナブル方式のメーカーはレンタル料など、
ある意味保守料的な費用がかかる場合もあります。

 

ただし定期的にサーバーの交換があるので衛生面では優れている点があります。

 

 

環境面では、利用者のメリットと見えるワンウェイ方式の容器の使い捨てですが
昨今問題視されているペットボトルのゴミ問題で言えば環境には負担になります。

 

環境面ではリターナブルボトル方式の方がメリットになります。

 

 

また前に良く言われていた、リターナブルボトルを洗浄する際の洗剤の残留や
容器素材からビスフェノールAという環境ホルモンの水への溶け出し懸念も
今は問題ないと言えます。

 

もう少し詳しく言うと、ボトル洗浄には酸性水とアルカリ水、オゾン殺菌などで
行っているところが増え、洗剤の使用を控えられている傾向があります。

 

またボトル素材からの環境ホルモンの溶け出しも、
それは粗悪なボトルで懸念され、

 

また、そもそもそういった状況は素材が溶けるほどの高温において
起こる可能性があるとのことで、
現状は安全性が確認され問題にならないと言えます。

 

 

こういった点から言うと、リターナブルボトルのデメリットは保管問題と言えます。

 

メリットは環境に配慮でき点と、リターナブルボトルで多く採用されている
レンタル料金方式によってサーバーが一定期間使用後交換されるので
衛生面が有利と言える点です。

 

ただし、こういった点はメンテナンス麺はメーカーによって違いますので
必ず確認してください。

 

 

当サイトの推奨方式ですが、リターナブルボトル方式です。

 

ワンウェイの場合、お水が届くだけで配達員とコミュニケーションは取れませんし
対応はコールセンター機能でしか行えないという点があります。

 

つまり、お水に配達は宅配業者が行っている場合がほとんどになりますので
細やかな対応が難しいということになります。

 

またトラブル時の対応は「サーバーを送り返して交換」しかできないこともあり
しかもそういったメーカーはメンテナンス不要を謳っていますが、それは安全か?
という疑問があります。

 

 

ですので、そういう面ではリターナブルボトル方式の方が安心ですね。

 

リターナブル方式ボトル配送メーカー

 

当サイト掲載メーカーでは

がリターナブル方式です。

 

 

  ウォーターサーバー総合比較ランキング

 

 

関連ページ

ワンウェイ方式
ワンウェイボトルは、ウォーターサーバーで使用した後のボトル回収をしない配送方式です。使用済の容器は資源ゴミとして廃棄するので、回収されるまで保管の必要がない点や常に新品のボトルが使用される点が特徴です。ただし環境面、衛生面がデメリットになる可能性もあります。