ワンウェイ方式 | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

ワンウェイ方式

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ワンウェイボトル方式

 

ワンウェイボトル

 

使用したボトルを回収せず資源ごみとして廃棄する方式が
ワンウェイ方式です。

 

ワンウェイのメリットは、ボトルの回収を気にする必要がありません。
また業者が取りに来るまで保管の必要がないので場所も取りません。

 

リターナブル方式は回収されたボトルを再利用するので
それが気になるということでワンウェイボトルをご利用になる方もいます。

 

その点ワンウェイボトルは、使用後資源ごみとして廃棄します。

 

資材がPET素材や軟らかいポリエチレン素材が使用されているので
折りたたんで廃棄できるなど扱いやすい点が特徴です。

 

常に新品ボトルが届き再利用品を使用しませんので
衛生的で良いという点が挙げられます。

 

 

しかし反面ゴミ問題として環境によくないという見方もあります。

 

またリターナブル方式のメーカーに言わせると、
ワンウェイはお水が一方的に届くだけなので利用者が賞味期限に
無頓着になってしまう点などがあるとのこと。

 

つまりユーザーとのやり取りが希薄になってしまい購入した水品質に
問題が出てしまう懸念が出る可能性があるとのこと。

 

ただしこの点がご利用者がしっかり管理されることで回避できます。

 

 

またワンウェイ方式はレンタル料金が無料のところが多いです。

 

レンタル料の有無に関しては、メンテナンス面とか衛生面などに関しては
セルフ方式で機械が自動で内部をクリーンに保つ方式が多いのですが、

 

定期的にサーバーを交換するところと比べると蛇口などに
雑菌などが繁殖しやすいので、この点は注意・比較ポイントになりますね。

 

この辺りはレンタル料のページでも解説しています。

 

レンタル料の有無はお水の注文のノルマにも影響しますので
利便性、環境面、経済面も含め利用されるボトル方式は
十分にご検討されることをオススメします。

 

このような違いを踏まえてメーカーを選択してみてください。

 

ワンウェイ方式ボトル配送メーカー

 

当サイト掲載メーカーでは

がワンウェイ方式です。

 

 

 ウォーターサーバー総合比較ランキング

 

 

関連ページ

リターナブル方式
リターナブルボトルは、使用したボトルを回収し念入りに洗浄し再利用される方式です。前はRO水取扱いメーカーの採用が多かったのですが最近は天然水メーカーの採用も多いです。デメリットは使用済みボトルの保管の必要性、メリットは環境に配慮できる点、メーカーによっては衛生面に配慮できる点があります。