ボトルの形式 | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

ボトルの形式

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ウォーターボトル形式

 

ウォーターサーバーのお水のボトルには2種類があります。
1つはリターナブル方式、1つはワンウェイ方式です。

 

この2種類の方式は、配達ルールや使用済のボトルの扱いにおいて
大きく異なります。

 

また利用ユーザーにとっても、安全性、経済性、環境性などの
影響があります。

 

ですのでこの2種類のボトル方式の選択についてはしっかりと吟味し、
そして利用を開始してください。

 

ウォーターサーバーはいったん利用を始めると解約料等のこともあり
なかなか途中で解約などはしにくいので最初が肝心です。

 

 

この2種類のボトルについて解説します。

 

 

ボトルの形式記事一覧

ワンウェイボトル方式使用したボトルを回収せず資源ごみとして廃棄する方式がワンウェイ方式です。ワンウェイのメリットは、ボトルの回収を気にする必要がありません。また業者が取りに来るまで保管の必要がないので場所も取りません。リターナブル方式は回収されたボトルを再利用するのでそれが気になるということでワンウェイボトルをご利用になる方もいます。その点ワンウェイボトルは、使用後資源ごみとして廃棄します。資材が...

リターナブルボトル方式リターナブルボトル方式は、使用済のボトルを回収し工場で念入りに洗浄・殺菌・お水の充填などを行うなど、ボトルの再利用を行う方式です。主に12リットル入りのガロンボトル言われるボトルを使用し素材は頑丈で衝撃にも強く、繰り返しリサイクル使用が可能になっています。少し前はRO水メーカーのリターナブルボトル採用がほとんどでしたが今は天然水のメーカーでの採用も多くなってきており、採用ボト...