ウォーターサーバーのメリット | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

ウォーターサーバーのメリット

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ウォーターサーバーの使用のメリット

 

ウォーターサーバーのメリットに関してお伝えすると
以下のような点があります。

 

あなたはどこに価値を感じるでしょうか。

 

 

おいしいお水が24時間いつでも利用可能

天然水など、おいしいミネラルウオーターが飲みたい時に飲めるのは
とてもうれしいですね。

 

カルキ臭のする水道水の飲むよりおいしいお水が飲めるのはうれしいですね。

 

安全なお水が利用できる

天然水では、天然のフィルターでろ過された汚染の無縁の地層から
採水されているので安心安全ですし、

 

RO水ですと、RO膜という非常に緻密は化学物質や汚染物質、
環境ホルモンなどもろ過するフィルターで生産されたお水です。

 

また放射線物質検査も行われているので安全性に関しては
問題ないので、安心して利用できます。

 

※ただしサーバー機の方のメンテナンスは衛生面では重要です。

 

経済面

頻繁に電気ポッドでお湯を沸かすといったことがあるなら、
電気代は1日2回沸騰させると1ヵ月約900円〜1000円程度かかります。

 

サーバー機は普通程度の機種で約1000円、省エネタイプで500円〜700円、
この程度で利用できますので、お湯を沸かす手間、冷水・温水両方が
利用できることを考えると経済的ではないでしょうか。

 

またジュースなどを飲むよりミネラルウオーターを飲めばジュース代も浮きます。

 

ペットボトルのお水を飲んでるよという方にとっても、一度開けたペットボトルは
冷蔵庫を占有しますし、賞味期限も気になります。

 

こういう面でも無駄がないので経済的です。

 

健康的

日常的なお水の摂取は健康維持には重要です。

 

一般的には水分摂取はトータルで1日2リットル程度をする必要があると
言われています。

 

良い水分摂取は、便秘の解消や代謝の向上によるダイエット効果、
または水分の排出がスムーズになることでのデトックス効果なども期待できます。

 

上記にも書きましたが、ジュースをミネラルウオーターに変えれば
砂糖の摂取やカロリー摂取を低減できるので、そういった意味でも健康的ですね。

 

ウォーターサーバーはお湯もすぐに出てくるので、手軽お茶もすぐ入れられますので
日常的な飲み物をお茶や紅茶などにできるので、そういった意味でも健康的です。

 

災害に備えて

災害時の備蓄に関して言えば、水道が断水したりと水の確保が難しい時
ウォーターサーバーの水が一定期間の飲料水の確保になります。

 

サーバー機によっては、停電すると給水できないものもありますが
一般的な機械は、停電すると温水や冷水は出ませんが常温であれば
お水が利用できるので、いざというときの備えになります。

 

赤ちゃんの調乳用

赤ちゃんの調乳用にも便利です。

 

詳しくはこちらのページ(赤ちゃんには大丈夫?)でも説明していますが
震災以降、放射線汚染も含めてお水に不安を持つママさんが多くなっています。
また塩素など水道水への不安も高まっています。

 

そういった観点から調乳用のお水としての利用も増えています。

 

また調乳で面倒なのは、湯冷ましを作ることですね。
ウォーターサーバーは冷水と温水が出るので温度調節も簡単です。

 

また、もともとキレイなお水が出るので一旦沸騰させて冷ます必要もありません。

 

なので調乳用としても便利です。

 

持ち運びが楽

やはり重たいお水を運ばなくてもよいという利便性は嬉しいです。

 

お水は業者が自宅まで運んでくれますので便利です。
スーパーやコンビニでしょっちゅう購入される場合はとても楽になります。

 

 

 安全に経済的に生活を豊かにしてくれるウォーターサーバーは

 

 

関連ページ

メンテナンス
ウォーターサーバーを設置して使用していく上で気になるのは衛生的に使い続けるためのメンテナンスですね。いくら経費が安くすんでも不衛生になっていはいけません。日常的にはある程度の自己メンテナンスは必要ではあっても、機械内部に関してはなかなか行き届かないものです。
ウォーターサーバーのデメリット
ウォーターサーバーの設置にはメリットも多いですがもちろんデメリットもあります。導入の検討をする際にはメリット面だけを見ないようにしましょう。またメーカーや水の種類によっても違いが出てきますので、数社比較するようして納得して契約するようにするとよいでしょう。
安全性
ウォーターサーバーのお水は天然のミネラルウオーターのお水やRO膜でろ過されたお水とがありますが、それぞれ水質などの安全性はどのように確保されているのでしょうか。とても気になるところです。また放射線検査などもキチンと行われているか確認事項ですね。
赤ちゃんには大丈夫?
ウォーターサーバー設置の動機の理由として、赤ちゃんに安心できるお水を飲ませたいという点、調乳用に便利という点などが挙げられます。ただし検討時には、乳幼児に飲ませて良いか、ミネラル分など過剰に摂取させる心配はないかなど不安の思われる方が多いのも確かです。