赤ちゃんには大丈夫? | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

赤ちゃんには大丈夫?

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

赤ちゃんにはウォーターサーバーのお水は大丈夫?

 

ウォーターサーバーを検討される理由として多いものとして
赤ちゃんに安全で安心できるお水を飲ませたいという点、
調乳用のお水として利用したいという点などが挙げられます。

 

 

赤ちゃんのミルク用に最適なお水とはどういうものでしょう。

 

赤ちゃんは体も小さく、大人と違って体の8割が水分です。
(大人は6割程度と言われています)

 

ですのでミルクに使用されるお水はとても大切ですし
デリケートな赤ちゃんに対しては気を使わなければいけません。

 

普通ミルク用のお水としては水道水を使用されることも多いですが
一度70度以上に沸騰させたお水を冷ました湯冷ましを使用するか
お湯にミルクを溶かして人肌に冷まして使用します。

 

 

なぜ一度沸騰させる必要があるのかということですが、
国際的なガイドライン基準があると言う点と、
ミルクやなどに存在している菌をなくすという意味があります。

 

また水道水にある塩素が赤ちゃんにとっては負担になると言う点から
沸騰させて塩素を飛ばすという意味、

 

あるいは水道局を出てくるお水が消毒されていても
蛇口からのお水に関しては、その蛇口までの環境に左右されることから
その安全性の確保のためにも必要なことです。

 

例えば、マンションは一度タンクに貯水して給水されますが
そのタンクが不衛生なことが多いというのが最近問題視されています。

 

 

これらのことからお水に対する不安はどんどん増大していますし
「沸騰させなきゃ不安が取り除けない水道水ってどうなんだ?」
というような不満もあって、安全なお水へのニーズは高まっています。

 

そのニーズにウォーターサーバーのお水が合致しています。

 

ボトルで届けられるお水は厳密に安全検査されており、
天然水は塩素などを使用して殺菌されていませんし
RO水は緻密なフィルターでろ過されています。

 

硬度に関しても、
水道水と同じ程度か、地域によってはそれ以下の所もありますので
問題ありません。

 

天然水かRO水かと言うのは分かれるところではありますが
いずれにしてもウォーターサーバーのお水はオススメですし
赤ちゃんにとっては、安全面からもオススメです。

 

 

ママの負担軽減

 

湯冷ましの用意なども含めたミルク用のお水の確保は
安全の面からも必要なことですが、ママに負担は大きいです。

 

ミルクの度に湯冷ましを用意したり、
人肌に冷ましたりというのは大変ですね。

 

 

そういう負担軽減にもウォーターサーバーは役立ちます。

 

まず、すぐに熱湯や冷水が出てくるので調温がとても楽です。

 

すでにお水に気を使っているママは、ミルク用にお水を購入されていて
使っておられるかもしれません。

 

しかし買ったものを自宅まで持って帰るのは大変ですし重労働です。

 

こういうケースでも、ウォーターサーバーはお水のボトルを
自宅まで運んでくれますので、お水の購入作業からは解放されます。

 

この点でもウォーターサーバー水はオススメです。

 

 

天然水とRO水とがありますが、当サイトでは人工的な手が入ってない
天然水がオススメします。

 

RO水は人工的にミネラルが添加されていることが多いので
そういう面からも天然水を推奨します。

 

 

 赤ちゃんにも安心できるベストなお水の詳細を確認

 

 

関連ページ

メンテナンス
ウォーターサーバーを設置して使用していく上で気になるのは衛生的に使い続けるためのメンテナンスですね。いくら経費が安くすんでも不衛生になっていはいけません。日常的にはある程度の自己メンテナンスは必要ではあっても、機械内部に関してはなかなか行き届かないものです。
ウォーターサーバーのメリット
ウォーターサーバーはその利用によって多くのメリットをもたらしてくれます。それは安全であったり良質なお水だったりと価格以上に多くのものをもたらしてくれます。利用者の多くがそのメリットを享受するためにサーバー機を設置してます。そのメリットについて解説します。
ウォーターサーバーのデメリット
ウォーターサーバーの設置にはメリットも多いですがもちろんデメリットもあります。導入の検討をする際にはメリット面だけを見ないようにしましょう。またメーカーや水の種類によっても違いが出てきますので、数社比較するようして納得して契約するようにするとよいでしょう。
安全性
ウォーターサーバーのお水は天然のミネラルウオーターのお水やRO膜でろ過されたお水とがありますが、それぞれ水質などの安全性はどのように確保されているのでしょうか。とても気になるところです。また放射線検査などもキチンと行われているか確認事項ですね。