RO水・蒸留水などの純水、超純水、アルカリイオン水の違い | RO水の詳細な内容と気になる安全性や問題点などについて | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

RO水・蒸留水などの純水、超純水、アルカリイオン水の違い

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

RO水の他蒸留水や精製水など純水、超純水、アルカリイオン水の違い

 

飲水

 

一般的に市販されているお水としてRO水の他蒸留水精製水イオン交換水超純水アルカリイオン水UF水などがありますが、これらは不純物を取り除くとか電解処理されるなど加工されています。

 

一般的にはRO水は純水と考えられていますが、実はRO水の他、蒸留水、精製水、イオン交換水などを含め純水と定義されています。
これらからより不純物を取り除いたものを超純水、電解処理されたものをアルカリイオン水などと言って分類されています。

 

製品として、ウォーターサーバーでは天然水に対してRO水という逆浸透膜を使ってろ過加工されたものが利用できますが、市販されているお水としては様々な加工法とたくさんの種類のお水が存在します。

 

それぞれ用途や性質が異なりますが、RO水など精製されたお水に興味が持った時にはより詳しくお水の種類や知識を深めたくなるものです。
そしてそれぞれの特徴を知ることで飲料水のみならず様々場面で適切な使い方をすることができます。

 

このページではいわゆるろ過などの処理を施されたお水について詳しく解説します。

 

 

純水の定義

 

一般的には逆浸透膜などを使ったRO水などを純水(ピュアウォーター)と言いますが、詳しくは様々な手法を用いて不純物を取り除いてある純度の高い水を純水といいます。

 

ここでいう不純物とは、残留塩素や農薬や環境ホルモンなど化学物質、、重金属類などですが、純水を作る手法は逆浸透膜によるRO水だけではなく蒸留水(水蒸気を冷やしたて液体に戻したもの)や脱イオン樹脂といった手法によるイオン交換水、またこれらの手法を複数使った精製水といったものも含まれます。

 

一般的にはRO水が純水(ピュアウォーター)と紹介されていますが、実は上記のお水の種類の数々がいわゆる純水と定義されます。
ここで定義したのは、そうしないとアルカリイオン水など他とのお水との違いが説明できないからです。

 

純水の純度(どれだけ不純物が取り除かれているか)に関してはは電気抵抗や導電率などで評価され、用途は飲料水としてだけでなく、精密機器の洗浄や化学製品の製造、理化学の実験などにも利用されます。

 

飲料水に利用される場合、お水のあじわいになっているミネラル分まで取り除くため、ろ過後に人工的にミネラルを添加して販売するなどしています。(アルピナウォーターなど一部にはろ過したものをそのまま販売しているケースもあります。)

 

純水に区分されるお水の解説

 

純水(ピュアウォーター)として区分されるお水としてRO水の他、蒸留水や精製水、イオン交換水などがありますが、それぞれ処理の仕方、目的、用途があります。
一般的に私たちが利用できるピュアウォーターはRO水が代表的ですが、その他のお水に関して詳しく解説します。

 

RO水

逆浸透膜(RO膜)を使って、農薬やダイオキシン、環境ホルモン、トリハロメタンなどの化学物質、重金属類、塩素、細菌、ウィルスなどの不純物を取り除いたお水です。
ウォーターサーバーで利用できる純水はほぼこちらになります。

 

逆浸透膜を使うとミネラル成分まで取り除いてしまい、お水の味わいを損ねてしまうので後から人工的にミネラル成分を添加しているものが多いです。

 

蒸留水

蒸留水は、お水を沸騰させるなどして蒸発させ水蒸気のように気化したものを冷やして純度の高いお水の戻したものと言います。
お水を沸騰させると不純物が溶存しにくくなる他、酸素や二酸化炭素も水から抜け出すので、水蒸気を冷却して水に戻った時は不純物のない純度の高い状態になります。
放射性物質を始めダイオキシンや環境ホルモン、雑菌などを取り除くことができる処理方法です。

 

蒸留水は精製水の一種でもあり、飲料水のほかコンタクトレンズの洗浄用としても販売されています。
RO水と同様ミネラル分などは含んでいません。

 

イオン交換水

イオン交換樹脂といわれるものを使用し、処理前のお水の中に溶けている不純物(陽イオン・陰イオンなどのイオン成分)をイオン交換樹脂内のイオンと交換し除去する方法です。
不純物の除去に使用されるイオン交換樹脂は粒状や繊維状、液状、膜状などいろんな形状があります。

 

有機物はこの方法では除去できないので、他の方法で取り除かれますが、イオン性不純物はイオン交換樹脂により除去できます。
イオン交換樹脂には陽イオン交換樹脂と陰イオン交換樹脂とがあり、陽イオンは鉄やニッケル・カルシウム、陰イオンは塩素や炭酸などが取り除かれます

 

脱イオン水、脱塩水という呼び方をされることもあります。
主な用途は工業用器具の洗浄や化学物質精製などです。

 

精製水

蒸留やろ過、イオン交換などの手法を用い、または複数組み合わせるなどして純度と濃度を上げたお水を指します。ただ統一した基準はなく、メーカーが独自の基準を設けて区分したり呼称してます。

 

蒸留水も精製水の位置づけです。

 

飲料水としてよりコンタクトレンズや医療器具の洗浄用や工業用としてバッテリー液の補充などにも利用されています。
肌への浸透力も通常水よりも高く不純物もないことから肌の弱い人も使用できるスキンケア用水やパックなどでも利用されています。

 

超純水

純水よりも純度の高いお水を指しますが、純水と超純水の区分は明確な基準や値、決まりがあるわけではありませんが、限りなくH2Oに近づけたお水です。
純水でも残留した不純物は存在するため、それらを極限まで減らしたお水です。

 

工業用では半導体や液晶ディスプレイの部品洗浄、医薬品製造などに利用され、飲料水として利用はあまり現実的ではなくあえて超純水を利用する意味はないと考えられる。

 

UF水

限外ろ過膜というRO膜(逆浸透膜)よりもさらに小さな0.01〜0.001μm(マイクロメートル)というサイズの孔でろ過したお水です。高分子成分物質やコロイド状物質、細菌やウイルス類を低圧力で除去したものです。

 

UF水はRO水やイオン交換水を限外ろ過膜でろ過したもので滅菌精製水(または超純水)とも言います。
限外ろ過は工業分野の他、人工透析や限外ろ過したUF水を滅菌・蒸発させ再凝縮させることによる注射用水の製造など医療分野に利用されています。

 

 

アルカリイオン水

 

ろ過や蒸留などではなく電気分解によって生成されるアルカリ性電解水を指し、飲料用とそうでないものがあります。
アルカリイオン水はアルカリイオン整水器を用いて作ったアルカリ性(ph7以上)お水で、整水器は医療機器として認証を受けたものになり「電解水素水」とか「電解還元水」などと呼ぶこともあります。

 

 

いわゆる手軽に利用できるウォーターサーバーなどとは、その意義や利用価値などは異なる感覚があり、健康効果を強く意識したものとなっています。
アルカリイオン水の飲用効果としては、アトピー改善のほか疲労回復や便秘・下痢など胃腸の改善効果、老化予防や美容効果、生活習慣病などの改善よいとされ、また料理などに利用すると味を良くすると言われています。

 

ただ日常的威利用しようとするとアルカリイオン整水器を設置するかペットボトルで購入しての利用になります。整水器は水道に設置するタイプになります。
よくスーパーの店頭などで大きな整水器が設置してあり購入できるようになっているようなところもあります。

 

赤ちゃんへの利用はどうか

ただし赤ちゃん(1才未満乳児のミルク用など)への利用に関しては、整水器で作られたお水は水素イオン濃度やアルカリ度が少し強いため慎重になった方が良いでしょう。
そう考えると、いわゆるウォーターサーバーのお水の方が日常的にもミルク用にも使いやすいのでウォーターサーバー水がおすすめです。

 

アルカリイオン水が利用したい場合は別途利用するという方が現実的かなと感じます。

 

 

飲料水として適しているのは・・・

 

上記のことから、飲料水に適しているろ過・加工されたお水は「RO水」「蒸留水」、もしくは「アルカリイオン水」ですが、赤ちゃんの利用を考えると利用や購入のしやすさなどを考えると「RO水」となります。

 

ただし後からミネラル分を添加しているとか、原水が水道水などが利用されているなどの点から「天然水」とよく比較検討されることをオススメします。

 

 

 当サイトウォーターサーバー厳選総合ランキング

 

関連ページ

RO水など純水は飲み過ぎると健康や体によくない?
RO水や蒸留水など純水を飲み過ぎると健康には良くないと言われています。それは本当でしょうか。またどういう理由からでしょうか。不純物を取り除いてあるから安心安全というのは早計です。特に体が小さく内臓の弱い赤ちゃんのミルクや飲料水として飲ませる場合は気になりますね。
犬・猫などペットに与える水はRO水や純水が最適?
お水選びとして飼っている犬や猫などのペットに与える飲料水も重要な選定ポイントになっています。飲ませるお水によっては尿路結石や腎臓などの病の原因になるとも言われています。ヒト以上にミネラル分などに気を使う必要あると言われているペット動物に最適な水質とは。