犬・猫などペットに与える水はRO水や純水が最適? | 天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

犬・猫などペットに与える水はRO水や純水が最適?

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ペットにとって最適な飲み水とは

 

ペット

 

家族同然のペットの飲み水はどうしてますか?
水道水?ペットボトルのミネラルウォーター?

 

犬や猫に与える飲み水として注意が必要なのはマグネシウム濃度で、人間が飲むミネラルウォーターではマグネシウム濃度などがペットにとっては濃い場合もあり、飲ませるお水によっては尿路結石などのリスクを高めることがあると言われています。

 

本来食べるものが人とは違う犬や猫は、マグネシウムが少なくても生きていくには大丈夫なようになっているので、人間と同じような感覚でミネラルウォーターを飲み水として与えると健康を害することがあり、尿路結石の他下痢などの原因にもなると言われています。

 

人にとって健康に良いからといって犬猫などのペットに良いとは限らないのです。人には良くてもペットにはミネラル分が多いことがあるのです。例えばペットフードは栄養バランスやミネラルバランス考えられていることから飲料水からのミネラル摂取(硬水など)によっては過剰になる可能性があります。

 

ただミネラルに関してはペットの種類や個体によっても考え方は違うのでひとつの物差しで考えるわけには行きません。さらに犬や猫の種類、年齢によってもどれくらい与えたら良いかなどの違いはあいまいです。
ペットの健康はお水だけではなく環境や遺伝なども関係するので、よくあるミネラルウォーターが良いか悪いか、RO水が良いか悪いか以外のも注意点があることを忘れてはいけません。

 

 

本来はペットの飲み水はそこまで気にしなくて良いが・・・

 

本来犬猫など動物は屋外の溜まり水でも平気で飲むしペットも水道水で十分なのです。
しかし大切なペットはわが子同様に考え健康に配慮する飼い主さんが増えているので飲み水にもすごく気を使うようになってきています。水道水に塩素、放射性物質の不安を家族にも感じるようにペットにも同じように安全に配慮したいと感じるようになってきました。

 

そこで出来るだけペットにもよいお水を飲ませたいというニーズが高まってきました。
ただし飲ませるお水によってはミネラル(特にマグネシウム)が過剰に摂取されることで様々な健康上のリスクが生じる懸念も心配され始めました。

 

 

健康上のリスクとは

お水によるペットの健康上のリスクとして挙げられるのは、尿路結石など泌尿器系疾患、下痢や便秘など排泄関係のリスク、さらに猫に関して言えば糖尿病や腎不全・おう吐などを引き起こす心配などです。

 

尿路結石は腎臓や膀胱、尿管や尿道などに結石が詰まってしまう症状で、人間がかかってもとても辛い病ですから犬や猫に関しては命にかかわってもおかしくありません。
この病はマグネシウムなどミネラル(リン酸やカルシウムも結石の原因)の過剰摂取、水分不足、排尿が少ない、ホルモンの乱れなどが尿路結石を引き起こす要因です。

 

また水分不足もペットの体内のミネラル(特にカルシウム)の代謝に必要な水分が足りなくなるので腎臓や膀胱に障害を引き起こす原因になり、その結果本来尿と一緒に排出されるところが体内濃度が高まることから結石を引き起こしたりします。

 

硬度の高い地域(沖縄とか)のお水や海外のミネラルウォーター(高硬度です)を与えている場合は軟水などに見直すことをオススメします。

 

尿路結石の症状を見分けるには

尿路結石になっている場合、飼い主がその症状を見抜けなくてはいけません。
ではどのような症状が出るかご確認いただき参考にしてください。

  • 頻繁におう吐
  • トイレ以外での排尿、排尿する時に力むなど排尿困難な様子(鳴きながら排尿するなど辛そう)
  • 尿の量が少なくなる、尿の回数が多くなる
  • 尿が赤らんでいる(血尿の疑い)
  • 尿がサラサラしていない

    (血漿が出ているためザラつきがあり光が当たる角度によってきらきらと輝くように見える)

  • お腹を痛がる(お腹が張っている)

こういった症状が見受けられたら泌尿器系の病を疑ってください。

 

尿路結石のタイプと原因

尿路結石はストルバイトシュウ酸カルシウム結石がほとんどを占めます。

 

ストルバイト結石は摂取するマグネシウムの量と尿がアルカリ性傾くことが原因です。
この結石はストルバイトと言われる(リンとアンモニウムの合わさったもの)物質によってできるのですが、マグネシウムがストルバイトを形成する要因のひとつとなります。

 

シュウ酸カルシウム結石はカルシウムの摂り過ぎが要因です。シュウ酸は水に溶けにくい性質によって尿などで排出されにくく体内に残りやすい物質です。カルシウムと繋がりやすい性質があり、結石の多くはこのタイプです。

 

結石の原因はミネラルの摂り過ぎだけではない

ペットに与えるお水のミネラル濃度が尿路結石をはじめとする病の元凶と言われがちですが、決してそうではありません。水分不足も要因で排尿の回数が少なくなるとか運動不足、食べ物も要因です。

 

尿が少なくなると結石のもととなる物質も濃くなり結晶になりやすいですし大きくなりやすいです。尿の回数が多いと仮に結石が出来始めたとしても小さいうちに排出されます。
またペットフードも無関係ではありませんし、体質も関係します。
お水のマグネシウム濃度などミネラル成分だけに一喜一憂するのはやめましょう。

 

 

どのようなお水が最適か

 

ペット

 

ペットに与えるお水はどのようなお水が良いか。

 

インターネットではRO水(ミネラル成分が添加されていないピュアウォーター)が推奨されているケースが多いです。しかしRO水でもミネラル分など全く含まない純水(ピュアウォーター)は溶解性という性質から体からミネラルを取り込もうとする作用が働くので注意が必要とも言われます。ペットのミネラル分摂取が少ない場合は気を付けた方が良いとも言えます。

 

そこでお水選びの基準ですが、正直ペットのコンディションによるところもあるので線引き的な判断は難しい面があります。同じもの食べたり飲んだりしていても結石ができる場合もあればそうでない場合もあります。これは人も同じですね。

 

尿路結石を含めた様々な病(ここでは水が関係する病気)は、遺伝や生活環境などにもよります。どれだけ運動しているかも関係します。摂取する水分量も関係します。またトイレがしにくい環境であればリスクは高くなりますから与える水がミネラルウォーターかRO水かよりも環が重要に感じます。

 

水質で尿路結石が増えるなら、海外の硬水地域にいるペットが尿路結石になる確立はものすごく多いことになりますがそんなことは聞いたことがありません。もちろん簡単に比較ができないですが「ミネラルウォーター・硬水=尿路結石」のようなことではないようです。(むしろ日本の方が尿路結石が多いとそうです。)

 

運動や体質、遺伝、生活環境(トイレ環境)、ちゃんとした水分摂取と尿の回数(したくなった時にすぐに排尿できる環境、どれほどお水を飲んてどのくらい排尿するか)が重要なので、お水だけではなくまずペットの環境にも配慮してあげましょう。

 

※ただ猫は犬に比べるとミネラルの代謝力が弱いのでマグネシウムを摂りすぎると下痢や結石の要因にはなるので注意してください。

 

正直ミネラルウォーターが良いかRO水(純水)が良いかは獣医によっても意見が違います。ただし多くの獣医はミネラルウォーターでも水道水でも良いと考えているので(硬度の高い地域もあるので注意が必要ですが)あまりこだわりを持たずお水の硬度、特にマグネシウム濃度が低い軟水を選ぶようにしてください。(ペット向けに出されているものであれば問題ありませんので安心して与えてください。)

 

雑菌に注意

ミネラルウォーターなどを飲み水で与える場合は雑菌の繁殖に注意してください。

 

ミネラルウォーターやペットボトル水は水道水のように塩素入っていません。ペットの飲み水は基本ボウルなどに入れての置き水ですので雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。できるだけ飲み切れる量をその都度あげるようにすることが大切です。(この点では少なくとも水道水は塩素の影響でミネラルウォーターなどと比べると雑菌が増えにくいので利点です。)

 

ペットにとってオススメのお水は人にとっても(赤ちゃんにとっても)オススメのお水と言えるかもしれません。
ポイントはできるだけ硬度の低いお水を選ぶと良いでしょう。

 

 

 ペットにもオススメなウォーターサーバー厳選総合ランキング

 

関連ページ

RO水・蒸留水などの純水、超純水、アルカリイオン水の違い
RO水の他、不純物を取り除いたお水として蒸留水や精製水、イオン交換水などの純水、超純水、アルカリイオン水、UF水などのお水があり用途や目的が違いますが不純物を取り除くが処理されたお水です。ウォーターサーバーでのろ過水はRO水ですがその他のお水の特徴を解説します。
RO水など純水は飲み過ぎると健康や体によくない?
RO水や蒸留水など純水を飲み過ぎると健康には良くないと言われています。それは本当でしょうか。またどういう理由からでしょうか。不純物を取り除いてあるから安心安全というのは早計です。特に体が小さく内臓の弱い赤ちゃんのミルクや飲料水として飲ませる場合は気になりますね。