天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

天然水とRO水、選ぶならどっちが良い?その違いを徹底比較

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ウォーターサーバーには天然水とRO水があります

 

ウォーターサーバー

 

一般家庭にも普及して目にすることが多くなったウォーターサーバーですが
あなたが選ぶ際の基準はどういうところにありますか?

 

レンタル料などの費用でしょうか?
毎月のお水の代金でしょうか?

 

ミネラル成分や味わいの天然水
あるいはろ過されたRO水

 

それともメーカーのメンテナンス体制でしょうか?
お水のミネラルバランスやお水使用後のボトルの扱いなども判断材料ですね。

 

電気代なども重要です。

 

配送ルールもワンウェイ方式(お水の容器が使い捨て)や
リターナブル方式(回収方式)があって、それぞれの使い勝手も分かりません。

 

料金や保守内容は様々です。

 

ウォーターサーバーを選ぶ際、決定のポイントは非常にたくさんあります。
実際に導入の際、どのメーカーにするかを非常に迷うという声は多いです。

 

それでなくてもメーカーの数の大変多いですし混乱します。

 

迷っている

 

そしていろいろあるウォーターサーバーを選ぶ一番大きなポイントとして
天然水RO水か、そのお水の内容の違いがあります。

 

天然水とRO水どちらを選ぶか、でも何を基準にしてよいか、
なかなか単純には判断つかないのではないででしょうか。

 

 

そういう中で、
多くのウォーターサーバーを使用し検証してきた当サイト管理人が
その知識と経験を元にウォーターサーバー選びのアドバイスをいたします。

 

まず当サイトでは天然水とRO水とを比較軸として検証していきます。

 

それぞれの特徴を比較しご紹介していきます。

 

 

ぜひあなたにピッタリなウォーターサーバーを
見つけてください。

 

天然水・RO水ウォーターサーバーの特徴と比較

 

お水

 

天然水RO水とではお水の内容が全く違います。

 

それぞれに特徴があり、そこがお水の質や価値観において
好き嫌いの判断の分かれ道にもなっています。

 

そのお水の特徴をよく理解して選択されることが満足度の違いにも
繋がってきますので、違いを比較して検討されることをおすすめします。

 

天然水・RO水比較

 

天然水とRO水の違いですが、簡単に一覧にしました。
それぞれの特徴的な違いの一覧です。

 

天然水には天然水、RO水にはRO水の製品ごとにも違いはあり、
それはそれで細かい違いがありますが、まずは天然水とRO水の違いを知ることが重要です。

 

まずはそれぞれの特徴的な違いをご理解ください。

 

  天然水 RO水
採水地

富士山麓が有名。その他各地の名水地など特定の水源を原水として採水されたお水。

 

地中に存在するミネラル成分がお水に溶け出しているので、お水を一緒に摂取できます。

ボトリング工場地域の河川水や水道水など使用。

 

アルピナウォーターのように天然水を使用している製品も有ります。

ろ過処理の違い

基本天然水の多くは、地下深くのもともと不純物が少ない清廉な水質のお水を使用しています。

 

また自然のミネラル分を残すために過分なろ過は行われていない。

 

加熱処理に関しては、実施メーカーと実施していないメーカーがある。

RO膜(逆浸透膜)という、ろ過力の非常に強い膜で処理されています。

 

RO膜はダイオキシンをはじめ環境ホルモン、トリハロメタン、重金属類、塩素、細菌やウイルスなど不純物をほぼ取り除いてしまう能力があり、そのろ過されたお水は純粋と言われます。

 

そのろ過力によってミネラル成分まで取り除くので、後からミネラル分を添加しているケースが多い。

ミネラル成分

天然に含まれているミネラル分がそのままお水と一緒に摂取できます。

 

ウォーターサーバーに含まれるミネラル分はナトリウムやカリウム、カルシウムとマグネシウムなどですば、採水地によってバナジウムや亜鉛などを多く含むお水もあります。

RO膜はそのろ過力によってミネラル分もろ過してしまうため、後からミネラル成分を添加しています。

 

アルピナウォーターなどミネラル分を添加しないままピュアウォーターとして販売しているケースもあります。

ボトル方式

ワンウェイ方式が大半。
一部リターナブル方式を採用しているメーカーもあります。

多くがリターナブル方式を採用しています。
価格相場感 RO膜でろ過処理したRO水の方が、原水を選ばずに利用できることからコストを抑えて安価に調達できるので、一般的な価格相場では天然水に比べて安く提供されています。
詳細ページ

天然水厳選製品比較ページへ

RO水厳選製品比較ページへ

 

天然水とRO水の比較だけでなく、それぞれの製品の特徴なども含めた違いなどをご理解いただきメーカー選びの参考にしてください。

 

 当サイトオススメランキング


実際に工業見学をしてみたり、
実際に使用してみたものを含めての当サイト厳選ランキングです。

天然水とRO水を含めたトータルランキングです。

 

自信を持ってオススメします。

 

 ウォーターサーバー厳選総合ランキングへ

 

天然水の特徴

 

天然水はまさしく自然のお水(水道水等ではない)を
採水して届けられるお水です。

 

主には地下水などを利用原水としてそれを採水して届けられるお水です。

 

長い長い時間をかけて、降り注いだ雪や雨が地層に染み込み、
大きな自然のフィルターで濾過(ろか)され、また同時にその過程で
地中のミネラル分を水の中に蓄えて地中深くに蓄積されたものが天然水です。

 

ですので採水地によってミネラルバランスに違いがあり風味も違います。

 

天然水

 

飲料水として生産される場合は様々な衛生処理が施され、
安全に利用することができるようになっています。

 

 

天然水を提供しているメーカーさんで人気があるのは、

などなど、これらのメーカーさんが人気ですね。

 

アニメの人気キャラクターとのコラボレーションや、
メディアへの露出などといった広告展開を非常にうまく活用しながら
高品質のお水を提供しています。

 

 

天然水のトレンドとしては大きく3つの流れがあって
1つは富士山麓から採水されたお水を使用しているメーカーさん、

 

もう1つは、複数の採水地から汲み上げられたお水を提供して
その中から利用者が好みのお水を選択する形のメーカーさん、

 

銘水が採水できる地域のお水を提供しているメーカーさん、

 

これら大きく分けて3つの流れがあります。

 

 

この3つの流れの中で言うと、
富士山麓から採取されたお水の人気が高いです。

 

銘水地としては島根や京都、日田といった地域のお水が有名です。

 

やはり知名度は富士山に敵わないと言う点、またバナジウム亜鉛という
健康によいとされるミネラル成分が含まれている点が
他の地域で採水されたお水との差別化になっています。

 

 

またその富士山麓地域で採水されたお水のメーカーさんで
激しい競争を繰り広げいるというのが業界の構図ですね。

 

 

ウォーターサーバーのみならず飲料水としてお水を選ぶ際には
注意すべき点があります。

 

いわゆるミネラルウォーターや天然水として売られているお水として、
表記や内容について把握や理解して購入されているでしょうか?

 

実はいくつか販売されているお水には表記上いくつか種類が存在します。
この種類というのは

 

例えばミネラルウォーターはすべて天然水かと言えば
そうではないということです。

 

ミネラルウォーターと呼ばれるお水の分類には4種類あり、
その中で天然水と言えるのはナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーターと分類されるものだけです。

 

RO水にミネラルを添加しているものはミネラルウォーターになります。

 

お水の種類についてはこちらで解説しています。

 

 

その中で当サイトがイチオシでオススメする有名人気メーカーさんが
マーキュロッププレミアムウォーターフレシャスうるのんなどのメーカーさんです。

 

マーキュロップはリターナブル方式(ボトル回収)、プレミアムウォーターはワンウェイ方式です。

 

これらのメーカーさんのお水は天然水で、その中でも検査基準をクリアし
ミネラルを含んだ天然水本来の風味を損なわないよう最小限の処理でとどめ、
成分を後から添加したりなどしていないナチュラルミネラルウォーターです。

 

 

多くの人気ウォーターサーバーがある中でマーキュロップとプレミアムウォーターを含めた厳選メーカーを
比較していますので、以下でその詳細をご確認ください。

 

 厳選天然水ウォーターサーバー比較が確認できます。

 

RO水の特徴

 

RO膜(逆浸透膜)というフィルターを通して
不純物を取り除いた水をRO水、あるいはRO膜水と言います。

 

RO水の特徴ですが、別名純水という言い方もします。

 

RO水

 

RO膜は非常に小さな孔の膜で、水以外を通しません。

 

海外の水資源の乏しい地域では海水から水を生成したり、
少し高額な浄水器のフィルターなどに使用されていたりします。

 

水の確保が困難な長距離船舶や、高度なところではスペースシャトルでも
使用されていました。

 

 

このRO膜は、農薬や環境ホルモン、ダイオキシンやアスベストなどの汚染物質、
塩素やトリハロメタン、クロロホルム、カルキ臭やカビ臭などのニオイ、
放射線物質なども濾過すると言われています。

 

ですので純粋なお水という意味で純水と言うわけですね。

 

ですので、実はウォーターサーバーでRO水として提供さている元の原料水は
多くが工場立地地域の水道水などが使用されていることが多いです。

 

 

またRO水の特徴として、ほとんどのメーカーがミネラル成分を
人工的に添加しています。

 

これはRO膜を通すことでミネラル成分も含めろ過されて無くなってしまい
お水の風味やおいしさまで失われてしまうので、それを補うためです。

 

RO水(純水)は天然水にある風味やおいしさが損なわれているので
それを補うためにミネラル分を後から添加してミネラルウォーターと
称しているケースが大半です。

 

メーカーとしては

この辺りが有名メーカーとなります。

 

この内アクアクララやクリクラはミネラル分を添加しているメーカーになり
これはRO水に後からミネラルを添加しているミネラルウォーターに属します。

 

アルピナウォーターと言うメーカーは天然水と原水としており
RO膜でろ過後にミネラル分を添加していないメーカーになります。

 

 こちらで代表するRO水ウォーターサーバーを比較しています。

 

 

 当サイトオススメランキング


実際に工業見学をしてみたり、
実際に使用してみたものを含めての当サイト厳選ランキングです。

天然水とRO水を含めたトータルランキングです。

 

自信を持ってオススメします。

 

 ウォーターサーバー厳選総合ランキングへ